本切羽ってなんですか?

”本切羽って何ですか?”

という質問をたくさんいただきましたの

今日は本切羽についてご紹介します!

 

オーダースーツと既製服の違うところは

裏地やボタンが選べたり

体型に合わせた補正ができたり

自分のこだわりの仕様にできたり、色々とありますが

オーダーをされる方にお好きな仕様の1つが”本切羽”です。

(本切羽→ほんせっぱと呼びます)

 

本切羽は袖の仕様のことなのですが

これが通常の袖。

本切羽とはこれが全部開きます!

このように↓↓

昔、西洋のお医者さんが手術中に

腕をまくるのに便利だったから開くようになったとか

兵隊さんが袖で鼻をふかないようにつけたものとか諸説があります。

 

既製服でも本切羽になっているものもありますが

比較的少なくオーダーメードのスーツでは良く見られ

実用性はありませんがこだわった方がすごく好きな仕様です!

 

全部開けるとだらしなく見えますので

このような開け方がオススメです!

1個目のボタンだけを開ける!

 

ちょっとしたことですが

こんな風にしておくだけで着こなしが上手い人に見えますよ!

 

間違って”ボタン外れてますよ!”って言われたら

”いえ!外しているんです!”って知らない人には教えてあげてくださいね。

その他のオーダースーツに関する質問はhttp://ilsarto.net/faq/からどうぞ!