女性受けの悪い勘違いファッション

先日ネットにこんな記事が掲載されていました。

 

”女性受けの悪い勘違いファッションとは”

 

女性は男性の服装をファッションとしてではなく、

感覚的に不快かそうでないかで判断しています。

一方、男性は流行やブランド、価格、品質などにこだわりがち。

 

この違いが、”勘違いファッション”を生むのです。

 

また、男女ともの異性のファッションに対しては

保守的な傾向にある人が多いといわれます。

まずは、減点されないことを目指すのが、女性ウケへの第一歩ですね。

 

これは、まさにその通りですね!

 

女性は男性よりも感覚的な部分が鋭くて

直感的に色々と判断をします。

 

これは男性もそうで、女性ほど鋭くないにしても

直感的に色々な判断をしています。

 

特にビジネスにおけるファッションは

オシャレを競うようなものではなく

自分がいかに信用できる人間かというのを

印象づけるためのものなんです。

外資系金融機関 齋藤剛さん

いつ見ても清潔感があり、きちんとした印象を与える

スーツの着こなしをされています。

 

いくらブランド物を着てもサイズや自分らしくないものでは

まったく意味がありません。

 

基本中の基本ですが、まずはここをカンペキにしましょう!

意識することで第一印象が圧倒的に変わります。

そのコツはhttp://ilsarto.net/kikonasi/からどうぞ!