スリムに見えるジャケット

普段あまり注意して見たことがないかもしれませんが

ジャケットの裾の形がブランドそれぞれで

その裾の形によって印象が全く異なるんです。

 

イルサルトのジャケットの裾は

基本的に”カッタウェイ”と呼ばれている形で

ジャケットの裾が外に逃げていくような形をしています。

これが”カッタウェイ”

ジャケットの裾が外に逃げていっているような形

わかりますか?

 

この”カッタウェイ”にすることでウエストがより締まって見える効果があり

スタイルを良く見せるには効果的なディティールなんです。

 

そしてさらにコレを進化させたのがコチラ!

コンサルタント 大谷史門さん

左はカラーコーディネーター川西未来子さん

 

今回の大谷さんのスタイリングをプロデュースしていただき

全体のイメージを川西さんにお任せしました!

 

大谷さんの裾にご注目ください!

上のボクのジャケットよりも

さらに裾の広がりが強いのがわかりますか?

 

単品ジャケットの場合は

これくらい裾を広げても全く問題なく

むしろ単品性がでるのでオススメなんです!

 

裾のカットも色々な種類がありますので

こんなこと聞いたら恥ずかしいかも・・・なんて思わずに

お気軽に”こんな風に見られたい!”

そんなのがあれば何でもお気軽に聞いてくださいね!

 

着こなしを意識することで印象は全く異なってきます。

経営者の為の5つの着こなしの秘密はhttp://ilsarto.net/kikonasi/から!