謝罪時のスタイリング

謝りにいっているのに

謝っているように見えない・・・・。

 

これって致命的ですよね。

でも知らない間にしているかもしれません。

 

服ってその仕様や色で知らないうちに相手にメッセージを与えています!

 

例えば、襟の形でピークドラペル。

こんな感じで襟の先が尖っています。

ダブルのスーツによく見られる形ですが

これは相手に非常に攻撃的な印象を与えてしまいます!

謝るときには絶対に着てはいけません!

 

以前、プレイステーションの不正アクセス問題で

7700万件の顧客情報が流出した可能性のあるソニー。

謝罪会見の社長のスタイリングはこんな感じでした。

チャコールグレーのスーツに白シャツ。

茶色の小紋柄のネクタイ。

謝罪時のスタイリングとしては△に近い○ですね。

 

謝罪時には、

■チャコールグレー、グレー等の落ち着いた色のスーツ

■必ず白いシャツ

■グリーンやベージュ系のいわゆるアースカラー系の色のネクタイ

■ポケットチーフは必ず外す

アースカラーには”人を癒す”効果があります。

謝るときには”自分は反省していますよ”というのを

着こなしでも表現するようにしましょう!

 

謝罪時に着てしまいがちなのが”黒のスーツ”なのですが

”黒のスーツ”は絶対に避けてください!

 

”黒”は非常に威圧的な印象を与えてしまいます。

”謝っているのに謝っているように見えない”

そんなイメージを与えてしまいますので気をつけてくださいね!

 

イルサルトは着こなし術を通して

【装う事で生まれる自信】を世界中の経営者に届けます!

イルサルトにできることはhttp://ilsarto.net/dekirukoto/から!