選び方を間違うと一気にオヤジになるシャツ

ボクが持っているシャツは

白かサックスブルーがほとんどです。

これがサックスブルー(薄いブルー)

 

色は白、サックスブルーの2色。

それに生地の織り柄やストライプ等で色々ありますが

基本的には色シャツはあまり着ません。

これが織り柄。

生地の織り方で模様になっているものです。

 

プライベートの時にたまに着たりはしますが

スーツを着るときには色シャツはまず着ないんです。

 

シャツは全体のコーディネートのまとめ役。

そのまとめ役があまり目立ってはいけない。

それがボクの考え方なんです。

 

そのボクが初めて”グレーのシャツ”を作ってみました!

全体をグレーでまとめてみました!

グレー系の千鳥柄のジャケット、ライトグレー(薄いグレー)のシャツ

チャコールグレー(濃いグレー)のパンツ。

 

拡大すると、

グレーのワントーンのコーディネートはなかなかいいですね!

 

でも、このグレーのシャツも選び方を間違えると

一気にオヤジ一直線です!

 

無地ベタのグレーを使うと一気にオヤジになる。

スーツでも一緒ですので、

少しでも素材感のあるもの(凹凸や陰影のあるもの)を選ぶと

オヤジ臭くならないので覚えておいてくださいね!

 

意識するだけで相手に与える印象は圧倒的に変わります!

誰でもカンタンにできる着こなしのコツは

こちらhttp://ilsarto.net/kikonasi/からどうぞ!