ビジネスにおける靴の選び方

ビジネスにおける靴選びの基本的なルールを

ご紹介しようと思います。

 

まず最初に

■ヒモがついていること

たまにローファーやスリッポンをスーツに合わせている人がいますが

これはNGです!

ローファーは元来”なまけもの”という意味ですので

靴のヒモを結ぶのが面倒くさいなまけものが履くもの

みたいな意味があります。

 

しかしオールデンのローファーのように

素晴らしいローファーもありますので

ローファーを履くのはジャケットパンツスタイルの時にして

スーツを着るときはヒモつきの靴を選ぶようにしましょう!

こういうヒモなしの靴がローファーです。

 

次に

■内羽根式であること

これは写真を見てもらったほうがわかると思います!

こういうのです↓

 

内はねと逆の外羽根はこちらです↓

上と下の違いがわかりますか?

 

履くときに引っ張る羽根の部分が

中にあるもの→内羽根(写真上)→ビジネス用途、冠婚葬祭

外になるもの→外羽根(写真下)→カジュアルな印象

 

この内羽根式のほうがよりドレッシーなイメージになりますので

ビジネスはもちろん冠婚葬祭でも使える靴になります。

これはぜひ知っておいてください!

 

次に

■プレーントウであること

これはトウ(つま先)が↓のような形をしている靴です。

これ以外にも、ストレートチップやウイングチップでもOKです!

 

逆にビジネスシーンで選んではいけない靴は次のようなものです。

過度なロングノーズ。

遊びにはいいですがビジネスにはNG!

昔流行ったスクエアトウ。

今履いていると時代遅れです。

 

ビジネススタイリングの基本はオシャレに見えることではなく

相手からキチンと見られることです。

清潔感があってキチンと見られるうえでは

靴の選び方が非常に重要です。

 

上記のルールを知って

靴をピカピカに磨いて仕事に臨みましょう!

 

ちょっとしたことで相手に与える印象は変わります。

基本的なビジネススタイリングのルールは

こちらhttp://ilsarto.net/kikonasi/からどうぞ!