オヤジくさくならない茶色のスーツ

選ぶ色や柄によって

相手に与える印象は全く変わってきます!

着ているだけで自分が何も意識をしていなくても

いろいろなメッセージを相手に与えている

それが色や柄といったものです。

誠実さ、真面目さをアピールしたいときは紺色。

日本人の肌に一番似合いやすいのも紺色です。

ボクもセミナーで話すときは”紺色”が多いです。

 

紺色は使いこなすのはさほど難しくないのですが

使いこなすのが最も難しい色の1つが”茶色”なんです。

 

選択を間違うとオヤジ一直線!

でも着こなせると”雰囲気”がすごく出る!

そんなリスクの高い色なんです。

 

茶色を選ぶ上でのコツなのですが

■素材感のないものは選ばない!

→ベタっとして平面的な生地はオヤジくさく見えます。

■できるだけ赤みがかった茶色を選ぶ!

→赤みがかった茶色はオヤジくさく見えません。

■ブルーのシャツを合わせてみる!

→茶色をブルーの相性はものすごくいいのです。

 

まずがその3つを意識してみてください!

たとえば、この赤みがかった茶色のカシミヤ

 

茶色の千鳥柄。

写真だと伝わりにくいのですが非常に素材感のある生地なんです。

 

この3つだけ意識してもらえたら

”茶色”の選び方が劇的にうまうくなりますよ!

 

イルサルトでも茶色の生地をたくさんご用意しています!

オーダー商品のメニューはコチラhttp://ilsarto.net/menu/からご覧ください!