雑誌のスタイリングをそのまま真似るのは危険!

色々な雑誌が出ていてボクも雑誌のスタイリングを

参考にしたりすることも多いのですが

中には相当着こなしに慣れていないと難しいものも

結構掲載されているんです。

 

雑誌なので新しい着こなしを載せるのは当然ですが

洋服って不思議なもので ”着こなし” ているのか

”着られて” いるのかが一発で分かってしまいます。

 

例えばこんなスタイリング

よく見ると。。。。

シャツの襟をわざとはねさせていますね。

 

これはイタリア人なんかが好きな着こなしですね。

イタリア人にとってカジュアルとはこういう物で

こうやって襟をはねさせたり、ネクタイを少しずらしたり

”敢えての外し技” です。

 

でもこれを普通の人がすると

”襟がはねてるだらしない人” くらいにしか思われません。

 

仕事でもなんでもそうですが経験がやはり大切です!

色々な着こなしをして洋服に慣れてから

こういった ”外し技” はするようにしましょうね!

 

会社のイメージを一身に背負う経営者の着こなしは

一般的な着こなしとは違い会社の顔ですので

会社がどう見られたいのかを軸に考えるべきなんです。

大切なのは ”他人からどう見られたいのか?”

ぜひこのポイントhttp://ilsarto.net/kikonasi/ 

を押さえてスーツを着てくださいね!