スーツが雨に濡れた時の対処法

突然の雨でスーツが濡れてしまう。

そんな経験をしたことのある方も多いんじゃないでしょうか?

 

スーツの大敵は水分。

濡れてしまったスーツは

蒸れてニオイの原因になったり。

濡れた部分がシミになってしまったり。

パンツのクリース(折れ線)が取れやすくなったり。

いいことが一つもありません。

 

スーツが濡れた時の処置方法をご紹介します。

 

■すぐにタオル等でふく!

強く拭くとシミになる可能性がありますので

軽くポンポンと叩く感じで水分を取ってください!

 

■すぐにクローゼットに入れない!

すぐにクローゼットに入れると湿気やニオイが

他のスーツに移る恐れがありますので

必ず1日は陰干し(太陽の当たらない所で干す)してから

クローゼットに入れるようにしてください!

 

■太いハンガーで保管する!

雨に濡れたジャケットは水分を含み重くなっています。

針金の様な細いハンガーに掛けると重さで引っ張られ

針金の跡が取れなくなってしまいますので

必ず太いハンガーで保管をするようにしてください!

 

この3点のコツを知っておくだけでも全然違いますので

雨に濡れたときはぜひ実行してみてくださいね!

 

新入社員や既存社員に”きちんとした”格好をして欲しいけど

何て言えばいいのか分からない。

そんな企業様にビジネスにおけるスーツの着こなし方やルール等の

セミナーを実施しております。

詳しくはコチラhttp://ilsarto.net/seminar/ からお問い合わせくださいね!