靴の修理のタイミング

上質な靴はソール(裏)を張り替えていけば

平気で何十年と履くことが出来るのですが、

マメに靴修理をする人はなかなか少ないのが現実。

 

でもかかとのすり減った靴を履いているのほど

だらしなく見えるものはないので、早め早めのお直しがすごく重要なんです。

 

ではどのタイミングで直せばいいのか?

 

ボクがオススメするのは↓↓くらいの状態での交換。(底の1段目くらいですね)

これ以上減った靴はかなり見栄えが悪く、

非常にだらしなく見えてしまうので履かない事をオススメします。

これくらいのタイミングで修理することで

価格的にも安上がりで、だらしなくも見えません!

ぜひこの修理のタイミングを覚えておいて下さいね!

 

相手に与える印象は少しのことで大きく変わります。

ビジネスをする上で外せない着こなしのコツは

コチラからhttp://ilsarto.net/kikonasi/