スーツの裏側に書いてあるスーパー150って何?

スーツの裏側を見ると

スーパー100   とか

スーパー150   とか

書いているのを見たこと無いですか?

 

これは何の単位かと言うと

生地の元になる原毛の細さの単位なんです。

 

スーパー80くらいからスーパー210くらいまであり

数値が大きくなればなるほど原毛が細く肌触りが良く上品な光沢が出ます。

ものすごくカンタンに説明をすると

1キロの毛糸の玉が有ったとして、それをコロコロ~っと転がしたときに

150メートル先まで行くのがスーパー150

100メートル先まで行くのがスーパー100

なんです。要は同じ重さでも細さが違ってくると言う事です。

 

ただこれは耐久性とかとは全然関係なく

使用目的によって選択を変えるべきものなんです。

 

細ければ細いほど繊細な生地になりますので

ケアをきちんとしなければヨレヨレになってしまいます。

一般的なビジネスシーンで使うのなら

スーパー80~120くらいが使いやすいです

タキシードとかハレの日用の光沢あるスーツなら

スーパー150以上をオススメします。

 

用途目的によって生地のランクを変えてみる。

こんな事が出来たらもっと洋服選びが楽しくなるので是非知っておいてくださいね!

 

その他、オーダースーツや生地に関するよくある質問を

一覧にまとめています。詳しくはコチラからhttp://ilsarto.net/faq/