スーツには ”きちんと磨かれたヒモ靴” を!

スーツに合わせるときは基本的には ”ひも靴”。

これは着こなしの基本的なルールなんですが、

ジャケットパンツスタイルの時には

靴ひもの無い ”ローファー”や ”スリッポン”

と呼ばれるタイプの靴でも大丈夫です。

こういったヒモの無い靴をスリッポンとかローファーと呼びます。

ヒモ靴に比べてカジュアルな雰囲気なので

ジャケット&パンツスタイルに適した靴です!

そしてつま先の形状が細すぎず太すぎず

少しだけぽってりとしたつま先なのでジャケットを着た時やカジュアルの時でも

すごく合わせやすい形の靴なんです!!!

 

きちんとしたすごく良いスーツを着ていても

靴が惜しい!!!~そんな方を多く見かけます。

足元って見られていないようで、実はすごく見られているんです!

 

ホテルマンがお客様を見る時に最初に見るのが靴。

そんな話もありますが汚れている靴を履いているだけで

やはりだらしない印象を与えてしまいます。

 

たかが靴でそんな風に思われるのはもったいないので

スーツには ”きちんと磨かれたヒモ靴”を履くようにしていきましょう!!!!

 

少し着こなしを意識することで印象は全く違ってきます。

経営者の為の着こなしの簡単なコツはhttp://ilsarto.net/kikonasi/から!