使う色は3色以内に抑える

着こなしが上手(そうに見える)人の共通点の一つに

”使う色を3色以内”におさえるというものがあります。

 

 

使う色を増やせば増やすほどまとまりがなくなり

全体のコーディネートの完成度は下がっていきます。

これは小物も含めてのお話で、靴、カバン、時計といった小物も含めて

このルールを当てはめると、着こなしの完成度が劇的にあがっていくんです。

 

紺のジャケット、ブルーノシャツ、時計の革もブルー

 

 

 

ここでも使っている色は、ベージュ、白、水色の3色

時計の革の色はベージュ、ジャケットの色もベージュ

 

 

このように同じ系統の色で素材感を変えてあげると

平凡なスタイルにならないんです!

 

ついでに、時計の文字盤もシャンパンゴールドなのでベージュとは同系色です。

 

このように、スーツ、シャツ、ネクタイだけでなく靴、時計、ベルトといった小物も

色を合わせながら素材感も変えてあげると、コーディネート全体がすごくまとまって

着こなしの完成度は劇的にアップします!

 

これはすぐにでも出来ることなので、ぜひ今日から実行してみてくださいね!