喪服を作るときの注意点

オーダーで喪服を作られる方も多くいらっしゃると思いますが、

喪服を作るときの知っているようで知らない注意点をご紹介します。

 

 

まず喪服の目的は、お通夜やお葬式で喪に服すること。なので、

オシャレを競ったり、モード系の色気のあるスーツを着ていったりする

そんな場所ではありません。

 

色は絶対に”黒”です。

しかも黒だったらいいというものではありません。

黒は素材の差が最も出やすい色なんです!

あまりに光沢のあるものは避けた方がいいのですが

逆にあまりに安っぽすぎる生地もやめておきましょう!

安い物は横に並んだときに生地の差がすぐにわかります。

たま、色気を出すシーンではありませんので

ウエストラインが極度にシェイプ(細い)されているものも避けるようにしましょう!

 

 

裏地も派手な物を避け無地の黒にしましょう!

 

 

ボタンも同様、無事の黒にしてください。

ボタンは意外に目立ちますので要注意ですよ!

 

 

最後にパンツの裾は絶対に”シングル”で仕上げてください!

ダブルは”重ねる”ことを意味しますので喪服には不向きなんです。

 

まずは最低限このポイントだけは外さないように喪服を選ぶようにしてくださいね!