スーツの”持ち”をよくする方法

買ったときの洋服は当然すごくキレイなのですが、

その後のアフターケアをきちんとするかしないかで

その後の状態が全く変わってきます!

 

色々あるアフターケアの中でも一番大切なのが”ブラッシング”なんです!!

 

これが洋服のブラシ。

一家に一本の必需品です!

 

ではなぜブラッシングが必要なのでしょうか?

カンタンにご説明しますね。

 

スーツは”ウール”で出来ていることが多く、

(ウールとは羊の毛のことです。)

羊毛(羊の毛)は人間の髪の毛と同じで

毛の周りがキューティクルで覆われています。

 

この部分に、ほこりやゴミが入ると

羊毛が本来持っているシワの復元性がどんどん落ちていき、

最後にはシワがとれなくなります。

 

1日着たスーツをブラッシングすることで

この部分のほこり、ゴミが取り除かれシワの復元性を保つことが出来るんです!

 

たまに見ませんか?

シワくちゃのスーツの人を。

シワをきちんと取っておかないですぐ着ると、

シワの上にシワが入るので最後にはシワが取れなくなってしまうんです。

 

家に帰ったら必ずブラッシングをして、2~3日は必ず休ませる!

これを実行するだけで劇的に”スーツの持ち”が良くなりますので

ぜひ実行しましょう!