クリーニング後のケア方法

誤解をしている方が多いケア方法の1つが

”クリーニングから返ってきた後”どうするか?なんです。

 

クリーニングから返ってくると

こんな風にビニール袋に入って返ってきます。

このビニール袋をどうしていますか?

 

中にはこのビニール袋をかけたまま保管している方もいらっしゃるのですが

正解は、

この袋はすぐに外す!

なんです。

 

この袋の役割は移送中に汚れがつかないように保護することなので

このまま保管するためのものではありません。

 

この袋に入れたままだと、湿気がこもりカビなどの原因になったり

静電気でホコリを寄せ付け、汚れの原因になったりします。

ですので、クリーニングから返ってきたらこの袋はすぐとり

理想は1-2時間ほど陰干しして収納するのがベストです!

 

そして、以前にもご紹介しましたが

ジャケットはハンガーを太いハンガーに変えてください!

クリーニング屋さんから返ってきたときについている

細いハンガーに掛けっぱなしでは肩の部分が型くずれしてしまいます。

 

このような太いハンガーで保管をすると実際に肩を入れている状態に近づきます。

長持ちのコツは”出来るだけ着ている状態”に近づけること

 

当たり前ですが、洋服は”着ている状態”を想定して作られているのですが

実際はクローゼットに入っている時間の方が圧倒的に長いんです。

このクローゼットに入っている時間を”着ている状態”に近づけるために

出来るだけ太いハンガーで保管をするようにしてくださいね!

 

 

アフターケア方法の基本の2つ、是非実行してみてくださいね!