会話が途切れない小物選び

初めてのお客様のところに行ったときに会話が続かず困った。。。

そんな経験はないですか?

 

イルサルトでは、初めてあったお客様に必ずつっこまれるような小物を使っています。

これがあると初めてあった方でも会話が途切れない

すごく便利な小物なんです。

 

それは、コレです!

ジャケットのフラワーホールに

(社章を挿している方が多い襟の穴。昔はお花を挿していたことからこう呼ばれています)

ハサミを形どったバッジを挿しています。

 

何でハサミなんですか?と聞かれた際に、

「仕立屋をしているので仕立に使うハサミをイメージしています。

スーツ作りは縫製の方が大切だと思っている方が多いのですが、

実は一番大切なのは裁断なんです。この裁断でスーツの99.9%は決まってしまいます。

IL SARTOのスーツの特徴は・・・・」

なんて話になるとお客様に興味を持ってもらえるんです!

 

営業でまず大切なのは売り込む事ではなくて

まずは覚えてもらうことがとっても大切だと思います。

覚えてもらうためには何か特徴がないといけない。

そのためには個性が印象づけられるスタイリングが必要なのですが、

こういった小物を使うだけでも覚えてもらうことが出来ます。

 

覚えてもらうために、いつも帽子をかぶっている人

珍しい色の万年筆を使っている人

他に時計、カフリンクス、手帳、カバン、靴、何だっていいんです!

 

値段やブランドだけで選ぶのではなくて

”自分らしいか?”

”覚えてもらいやすいか?”

”自分のアイコンになりえるか?”

そんな視点で一度選んでみてください!

 

物選びが劇的に変わると思いますよ。