シャツは一体何枚持つべきなのか?

”シャツは一体何枚持つべきなのか?”

についてご説明したいと思います。

コーディネートの基本”白シャツ”

 

答えを言うと”10枚”なんです。

 

なぜ10枚かは簡単で

月~金で5枚、2週間分で10枚

コレだけ持っておけばひとまず安心です。

 

シャツは基本素肌に着る物

(中にTシャツを着る場合もありますが)

汗をかいたり汚れたりもしますので

毎日着替えるべきモノです。

 

クリーニングに出す方

家で洗う方

いろいろな方がいると思いますが

最低10枚持っておけば困りません。

襟とカフスの部分が白いこのようなシャツを

”クレリックシャツ”と呼びます。

 

あとはシャツを捨てるタイミング

2週間に1回のペースで着ていると

生地や着方にもよりますが恐らく1年くらいで(26回の着用)

首の所が汚れてきたり、手首部分がほつれてきたり

アイロンをかけたときに

”生地のハリ”が無くなってきたりします。

 

シャツは清潔感が命。

首の所が汚れてきているシャツは他の部分も汚れているはずなので

こういった状態になれば思い切って捨ててしまいましょう!

 

手首部分のホツレなんかは縫い直せばキレイになりますが

生地自体がへたっている場合、直すのはもったいないので

まず生地の状態を確認してください。

 

なかなか最初は分からないと思いますが

もし捨てるかどうか迷ったシャツなんかがあれば

イルサルトに持ってきていただけたら判断させていただきますよ!