選ぶべきシャツはこの4種類!

きちんとした印象を与えたいなら

シャツの色は白かサックスブルー。

ボクはそう考えています。

 

サックスブルーとはこの様な

薄手のブルーのことです。

 

もちろん、ストライプとかのシャツを着る場合もありますが

銀行さんとかでの着こなしセミナーの時は

必ず白いシャツを着ていくようにしています。

 

白のシャツは織り柄で色々と持っておく!

 

これもボクの持論なんですが

選ぶべきシャツの柄は

下記から選ぶと間違いないのでぜひ覚えておいてくださいね!

 

 

■オックスフォード

シャツのもっとも基本的といえる織り方。

柄が全くないのがこのオックスフォード。

オックスフォードのシャツを選ぶときは

できるだけ品質の良いものを選ぶようにしてください!

生地のクオリティの差がもっとも出やすい柄ともいえます。

 

■ツイル

斜めにストライプのような柄が入っている折り方。

このツイルがもっとも光沢がでやすい織り方です。

 

■ヘリンボーン

ヘリン(にしん)ボーン(骨)でヘリンボーン。

にしんの骨に似ていることからこう呼ばれています。

生地に非常に凹凸があるので

Vゾーンがすごく表情がでます。

スーツ、シャツ、ネクタイ

この組み合わせの部分をVゾーンと呼びます。

 

そして最後に

■バスケット柄

写真のような編んだような柄をバスケット柄と呼びます。

凹凸があるのでヘリンボーン同様に

Vゾーンにすごく表情がでる柄です。

 

どんなシャツを選んでいいのか分からない!

そんな方はこの4種類の中から選んでくださいね。

間違いのないシャツ選びができますよ!