スポーツをされていた方のスーツの選び方

イルサルトにお越しになるお客様で結構多いのが

昔、体育会に所属されていて既製服のサイズが合わない方です。

 

中でも

水泳、ラグビー、アメフトといった競技をしていた方は

胸板が厚い上になで肩

前肩の方が多く、なかなか合うスーツがありません。

”前肩”というのは、若干肩が前に出ている体型です。

体型は人それぞれですが、日本人に多い体型が

この”前肩”で特にスポーツマンに多くみられる特徴です。

 

こういった方が普通のスーツを着ると

肩の部分に”たすきジワ”と呼ばれるシワがでます。

 

なで肩を補正するのには

肩パットを厚くするのが一番カンタンですが

肩パットを厚くすると肩の部分が大きく見え

時代遅れ感は否めません。

 

ですので、なで肩の方は

肩パットを薄くして肩のラインを肩に合わせたラインに矯正すると

非常に肩のラインがキレイに見えます。

会計士 香川晋平先生に作らせていただいたジャケット。

肩のラインが抜群に美しいですね!

 

また、前肩を直すためには

背幅を若干出して

胸幅を若干詰めればかなり改善され

変なシワが入らずにキレイになります。

 

肩の部分のシワは

一番目立つ部分ですので

ここにシワがあるとだらしない印象になってしまいます。

 

最近のスーツは既製品でも

”前肩補正”をしているブランドもありますので

体育会に所属していて胸板が厚く、なで肩の方は

”このスーツは前肩補正していますか?”

とお店の人に確認してから買うようにしてくださいね!