トップへ
ブログロゴ

経営者が『自分というブランド』を創る上で最も大切なこと









vol.4977




こんにちは!

『日本で唯一の』
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆世界的大スター








すごい人に
会ってしまいました(^^♪



イニエスタ

まさかの!
イニエスタ選手



数週間前ヴィッセル神戸の
試合を見にいった時
撮っていたのはポスター



DSC_8722

それが数週間後に
ご本人とまさかの御対面!

自慢しようと家に帰ると
息子が大興奮!






 息子
 
 お父さんお風呂入らんとって!



 私

 え?なんで?


 
 息子

 お風呂入ったら
 イニエスタの匂い消えるやん!



 私

 ・・・・・・・・





世界的なスターに会えたのは
生まれて初めての経験です!








◆スターとは?








『スターとしての自分』
を明確に持っているのが
スターたるもの





 矢沢永吉さんが
 何かをする時に考えるのが


 それって
 YAZAWAっぽいか?

 矢沢永吉本人ではなく,
 歌手YAZAWAなら
 どう考えるのか?


 を全ての判断基準に
 されているようです



矢沢永吉
 ↑↑↑
 出展元 YOU TUBE



矢沢さんはツアーの時必ず
スイートに泊まるそうです

ある時ミスでスイートが
取れていませんでした

スタッフさんが
その事を伝えると
矢沢さんはこう答えました







矢沢は大丈夫だけど
YAZAWAなら
どう言うかな?








◆客観的に考える








スターとしての自分なら
どう考えるのか?

この視点を持つと
判断にぶれがなくなります





 なぜなら
 自分のことではなくて
 客観的に考えることが
 出来るから


 自分のことなら
 その時によって
 判断が変わる事もある


 しかし
 矢沢さんのように
 あえて別人格を持つことで
 判断にぶれがなくなるのです



矢沢永吉
 ↑↑↑
 出展元 ETHICA

 




 ぶれない判断
 揺るぎのない思想や姿勢が
 スター性を強くするのです







◆自分というブランド








『スターとしての自分』
を明確に持っているのが
スターたるもの

最初の”スター”の部分を
”ブランド”に変えると
そのまま経営者に
当てはめる事が出来ます






 『ブランドとしての自分』
 を明確に持っているのが
 経営者たるもの





矢沢永吉さんが
スターとしての自分
を持っているように

経営者は
ブランドとしての自分
を持つことが
ぶれない軸を生み出します









◆ブランドを創り上げるために








私のまわりの
『自分というブランド』を
確立している経営者が
意識するのはここなのです



17203121_776579719164746_718079562813412003_n



その時々の感情に
左右をされる事なく
ブランドとしての自分なら
どんな判断をするのか?





 一貫した姿勢が
 信頼や安心を生み出し
 ブランドを創り上げるのです


 自分は
 何を求められているのか?

 どんなブランドなのか?





こうした部分を深掘りし
自分と言うブランドを
経営者は創り上げましょう!

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive