*

経営者は”使い物にならない一張羅”はどうすればいいのか?

勝負服は必要なのか?

これは勝負服にしよう!誰しもそんな服があると思うのですが,その思い切って買った勝負服が残念ながらほぼ着る事がなく箪笥の肥やしになっている場合もあります。これは「一張羅」と思って買う服の場合に多いパターンなのですが,勝負の時に着よう!そう思って奮発するけどなかなかその勝負の場面が来ず殆ど着ないままになってしまった,そういった服です。

私で言えば1998年25歳くらいの時に15万円を出して買った生まれて初めてのオーダースーツがまさにそうでした。敷居の高い仕立て屋さんで,恭しい接客をされ興奮気味にこのスーツは勝負スーツにしよう!そう思って買ったのですが,その勝負の場面はその後10年間で何と3回しか来ませんでした(笑)1回5万円のコストパフォーマンスの異様に低いスーツです。

ここぞと言う場面で着よう!そう思って買ったにも拘らず,そのここぞと言った場面はなかなか来ることがなく,時間だけが過ぎ去り,どんどん服が古臭くなり時代と合わなくなっていき,服としての賞味期限が終わってしまっている,そんな服。そんな服を持ってらっしゃる方も多いのではないかと思います。

図1

これが奮発して買った勝負スーツです。。

特にバブル期を経験している人ならそんな服を必ず持っています。異様に分厚い肩パットの入ったジャケット,タックが2本以上入っている太いパンツ,原色のスーツ。数年前に「バブルへGO!」と言う映画がありましたがまさにあの映画の中に出てくる服です。

bubble_1

使い物にならない勝負服はどうするか?

この服を持っている人の気持ちは

「いつか又この服のトレンドが来て着る時期がくるかもしれない」

なのですが,残念ながら着る事の出来る時期は来る事はありません。トレンドが復活する事は確かにあります,でも以前にそのトレンドが流行した時とそのトレンドが復活する時とでは服のシルエットやディティールが全く違います,イマドキのシルエットを纏ったトレンドですので全くの別物なのです。

スーツの場合で言えば襟の角度や太さによってどの時代に作られた服なのかは一目瞭然です。レディースファッションの世界ほどメンズファッションのトレンドは激しくないのですが,それでも5年くらいを一つの区切りとしてトレンドは変化をしています。私自身はトレンドを追う事はオススメしません,ファッショナブルにする事で仕事面ではマイナスになる事が沢山あるからです。

でもあまりに昔っぽい服を着ることは,時代の流れを読めていない人と言う印象や変化を嫌う頑固者みたいなイメージを与えプラスになる事はあまりありません。

トレンドは追うのではなく適度に取り入れる事をオススメします。それなりの金額を出して買ったけど古くなりすぎて今は着る事が出来ない,でも捨てるに捨てられない服は思い切って捨ててしまいましょう!執着しすぎるのではなく手放す事で又新しい運やご縁も引き寄せるものだからです。

どうしても捨てる事の出来ない場合はリメイクと言う方法が有ります。サイズを直すのをリフォームといいますが,サイズだけでなくコートをジャケットに変えたりアイテムごと変えてしまうのをリメイクと言います。ただこれにはかなりのセンスが必要なのとそれなりにお金が掛かってしまいますので実行するに当たっては十分な注意が必要です。そういった場合はいつでも私までご相談下さい!

そこまでお金を掛けられない場合は,ヤフーオークションや楽天オークションに出品するか,リサイクルショップに出してみてください。もしかしたらマニアの方の目にとまって高値で売れるかもしれません。

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真 2015-07-04 9 46 03

イルサルトオリジナルのマイネッティのハンガー欲しい方募集します!

イルサルトで使っているハンガー イルサルト淀屋橋サロンで使っているハンガーがイタリアの名門ハンガー

記事を読む

本日よりイルサルトは通常営業を再開させて頂きます!

先週の金曜日から五日間ほどお盆休みを頂いていたのですが,本日よりイルサルトは通常営業を再開させて頂き

記事を読む

写真 2014-12-12 13 16 12

プロにはプロたる所以がある!

やっぱりプロはすごいですね~ スタッフの池ちゃんが撮影したポロコートの写真 これでもかな

記事を読む

H

”イルサルト”と言う名前に込めた私の想い

ILSARTOとは? お客様から時々聞かれる事のある事のある質問の一つが”イルサルト”ってどう言う

記事を読む

DSC_4617

5/1(月)~2(火)新潟県柏崎市にてオーダー受注会開催します!

2月から加古川,小松,岡崎,仙台と開催をしてきましたオーダー受注会もいよいよ新潟県柏崎でのオーダー受

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
澤村健司さん
身体が引き締まっている経営者が共通して使う”ある言葉”

痩せたらスーツを仕立てに来ますね! この8年間何度となくこの言葉

杦原さん3
経営者は”経営理念を身にまとう”と言う考えを持つ事で,価値が伝わりやすくなる。

カッコ良かったらいい!オシャレだったらいい! お客様のスタイリン

キャプチャ
9/29(金)小松にてオーダー受注会開催です!

9月も中旬に入り,お客様にご注文を頂いた秋冬物スーツがどんどん仕上がり

写真 2017-09-14 11 49 10
村電テクニカルサービス小野寺秀樹さん,カーライフサポート相楽士朗さんを紹介させて下さい!

私が大好きなこのコーナー,今日は二人の素敵なお客様を紹介させてください

写真 2017-08-29 15 33 16
9/22(金)~24(日)代官山オーダー受注会開催いたします!

9月も中旬に入りましたね,早いもので2017年も後半に突入しましたが仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑