*

カリスマタイプの経営者,NO2タイプの経営者のどちらが大成するのか?

公開日: : 最終更新日:2017/08/15 投稿者:末廣 徳司 イルサルトからのお知らせ, 末廣徳司ってこんな人

NO2タイプの私

私は自分の事をNO.2タイプであると昔から思っています。これと言った特別な能力があったりするわけではなく,人を引っ張っていくカリスマ性などは残念ながら全く無いのですが,ある程度の仕事であればそれなりにこなす事が出来るのが私の特徴です。

ワールドに在職している時がまさにそうでした。カリスマ性のあるリーダーの下で資料をまとめたり,数値を分析したりしてリーダーが最終ジャッジをする手助けをする仕事は自分でも好きで,リーダーからも重宝がられていました。

人と接して関係性を築きながら新たな価値を創り出していくのは苦手,しかし何か一つの事を徹底的に掘り下げる職人的な仕事の方が肌に合っている,敷かれたレールを点検整備することは得意ですが,新たにレールを敷く事は向いていないと自分では感じていたのです。

DSCF2118

ワールド在職時代,同僚と

経営者である父,勤め人の私

父親が会社経営をしていた事もあり,会社経営には興味は小さいころからありました。しかしカリスマ性があり人との付き合いが非常に上手い父の姿を見ていて,自分には難しいと直感的に感じていました。自分とは全く違うタイプ過ぎたのです。

経営者と言うものは,カリスマ性があり,アイデアマンであり,ほとばしる情熱を感じられる様なタイプでないと務まらない。将来独立して自分の会社を持ちたいと言う漠然とした夢はありましたが,それはただの夢に終わり,勤め人として一生を過ごすのだろうなとワールドに在職中は漠然と考えていました。

ワールドを退職し,父の会社に入ってからもそれは変わりませんでした。表面的には私が現場を仕切っていたのですが,実際は経営者である父が全ての判断をしていました。またその状況を分かっているスタッフ達は様々な判断を父に委ねていました。

大企業病であった事を思い知らされる

会社の規模感が変わっただけでNO2の立ち位置ややる事はさほど変化がありませんでした。ただ会社のスケール感が何千分の1になった事でそれまで気づかなかった自分の足りない部分や能力の無さ,自分の無力さを認めざるを得ない状況に追い込まれました。

自分では知らないうちに私は大企業病になっていて,ワールドだから出来ている様々な事を自分の力であると過信していた事にその時ようやく気付いたのです。

仕事がうまくいかない,面白くない,誰からも必要とされない。自分の人生で最悪の時期だったのですが,そんな時にマーケティングコンサルタントの藤村正宏先生に出会い2009年にイルサルトを立ち上げました。

exma 043

楽しそうだけど上手くいくのかな・・・当時の私の偽らざる本音です。

”好き”のパワー

事業を立ち上げた事もないし,自分の事をNO2だと思っている,誰かの指示で動いた事はあっても自分の意思で0から立ち上げた事もない。でも楽しいからまずはやってみよう!そんな感じでした。

そこから応援してくださるお客様,スタッフ,家族のお陰で何とか8年間会社経営を続ける事が出来ているのですが,今振り返って思うことは”好き”は色々な事を超越するパワーになり得る事,そしてリーダーのタイプは決して一つではないと言う事です。

好きな事と言うのは,義務感から生まれるものではなく才能そのもの。夢中になれる事は才能で,好きな事であれば何回失敗してもやり直すことが出来るし,失敗を失敗とも思わないからずっとやり続ける事が出来るのです。

写真 2017-08-06 11 59 24

今は淀屋橋,代官山にサロンを持っていますが,万が一サロンを持つ事を続ける事が出来なくなる時が来ても,また最初にやったようにお客様の会社やご自宅に行って採寸をし,またお客様にお届けする”出張型仕立て屋”からやり直しをする覚悟はいつでもあります。

経営者のタイプは一つではない

ワールド在職中は周りは勤め人ばかりでしたが,今は周りがほぼ経営者に変わりました。様々な経営者の方に会うのですが,カリスマ経営者ばかりではなく,私の様にNO2タイプの経営者もたくさんいらっしゃいます。

カリスマタイプでもNO2タイプでもそれはあまり関係なくて,まずは自分の仕事に使命感を持っているのか?何のためにその仕事をしているのか?その仕事が大好きかどうか?と言う志を明確に持っている事が大切であると分かりました。

そしてもう一つは自分に足りない部分を自分で意識して,その穴を埋めてくれる様なスタッフを配置しチームとしての力を上げていく事です。中小企業の場合,まず大切なのは経営者自身のブランディング,そして次にチームとしてのブランディングを如何に上げていくか?です。

幸運な事にイルサルトのスタッフ,池田里恵も植木菜摘は私と全く違うタイプです。”100年先も愛され続けるブランドを創りあげる”と言うミッションに向かって,イルサルトの価値を上げるべく様々な事に挑戦していきますので是非今後のイルサルトにご期待下さいね!

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真 2017-06-23 12 05 31

鴫原弘子先生の還暦記念パーティ!

マーケティングの師匠,営業の師匠,私には師匠と呼べる方が何人かいるのですが,その中のファッションビジ

記事を読む

写真 2017-02-24 18 23 49

岡崎商工会議所さんでのセミナー無事に終了しました!

岡崎商工会議所さんからご依頼を頂き昨日は,”経営者専門スーツ仕立て屋に学ぶ選ばれる会社の作り方”と言

記事を読む

0170_TAK_9209

5年ほど使ってきたプロフィール写真変更します!

昨年肉体改造して痩せてから良く言われる事があります。 それはホームページの写真と実際に会ってみ

記事を読む

20150224022154

本当の独自化とは他社と比べないこと

尊敬する経営者の1人、丸安毛糸の岡崎博之社長が自身のブログでこんな事を書かれていました。 @@

記事を読む

キャプチャ

メルマガ”経営者の為の信頼される着こなし術”を8年間継続して思う事

数年ぶりのご来店のキッカケ 数年ぶりにご予約を下さり,スーツをお仕立て下さる方が最近増えてきました

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
TER03471
2018/1/26(金)~28(日)代官山オーダー受注会開催します!

毎月一回定期的に代官山サロンで開催しておりますオーダー受注会も今年の日

6
神様が現れたピサ空港

先週週末に2017年最後の代官山オーダー受注会を無事に終えました,今回

写真 2017-10-04 9 56 23
経営者の生き様を表す運命のスーツを仕立てるのがイルサルトの役割

再来年イルサルトは10周年を迎えます。 来年の2月になればイルサルト

写真11
経営者が知っておくと得をするフォーマルウエアの知識

社員の結婚式にどんな装いで行けば良いのでしょうか? お客様に良く聞か

写真6
関係性を大切にする経営者にオススメの田坂広志さんの一冊

言葉以外を感じる力 お客様とお話している時は勿論そうなのですが,家族

→もっと見る

PAGE TOP ↑