*

イルサルトの商品作りを支える匠の技

公開日: : 投稿者:末廣 徳司 イルサルトからのお知らせ ,

お客様の体型を加味し理想の装いを仕立てる為にイルサルトではスーツで四社の工房,シャツで二社の工房と契約し物作りを行っています。どの工房さんも日本を代表する品質の高さに定評のある工房さんばかりなのですが,中でも日本で最高品質のスーツを仕立てる工房に先日スタッフの植木と一緒に行ってきました。

私自身中国のニット工房で二年ほど働いた事もあり,物作りの現場に行くのは大好きなんです。スタッフの植木は工房を見た事が無いので,どのような工程を経てスーツが仕上がってくるのかを見せたい事もあり行く事にしました。

写真 2017-08-31 14 30 59 (1)

スーツの仕立ては機械化されている部分も勿論あるのですが,多くの工程はこうして人の手で作られています。

良いスーツを仕立てる上で最も大切な事

良いスーツが出来るのかどうか?最も大切なのは私の指示の仕方次第です。でもこれは冗談抜きで完全に言い切れる事です,と言うのもイルサルトがお世話になっている工場や職人の技術力は日本でも指折りの技術力を持つところばかり,もちろん人の手が絡む事なので100%ミスが無いとは言えませんが限りなくミスは無いに等しい。

私が指図したイメージ通りに仕上げてくれる生産背景があるからこそ私も安心して日々お仕事をさせて頂く事が出来ています。

写真 2017-08-31 14 43 47

まずはスーツの設計図を作る

私からの指示書でスーツがすぐに出来上がるわけではありません、イルサルトの指示書を工場用の指示書に変えるところからスーツの生産がスタートします。スーツは袖,背中,胸の様に色々なパーツに分かれているのですが,それぞれの形をどのようにするのかをまず決めます。

腕が細い人太い人,なで肩の人いかり肩の人,お尻が大きい人小さい人色々な体型の特徴がありますので,その体型に合わせて各パーツの形を作り上げていきます。これが”型紙作成”や”パターン作成”と呼ばれ,スーツの設計図を作る作業になるのですが,ここが物作りの肝の部分。完成度の高い型紙で作られたスーツはシルエットが非常に美しく仕上がりますのでパーツ一つ一つを慎重に作っていく作業をしながら型紙を作成していきます。

写真 2017-08-31 14 42 45

設計図を元に生地を裁断する

スーツの設計図である型紙が出来上がると次に”生地の裁断”の工程に入っていきます。

とは言え,いきなり生地を裁断するわけではなく生地全体にキズやシミ,汚れ等が無いか,スーツを作るのに十分な長さや品質を維持できるだけのクオリティなのかを細かくチェックします。そして次に型崩れを防ぎ生地本来の姿に整形するため、表生地に熱蒸気を吹かして縮械します。そして、一日程陰干しします。

スーツ好きの方なら聞いたことがあるかも知れませんが,これが”地のし”と呼ばれる作業です。地のしされた生地は,作成されたスーツの設計図を元に裁断されていきます。

写真 2017-08-31 14 38 50

平面の生地を立体的な人間の身体にフィットさせる

パーツごとにカットされた生地は次に”縫製”の工程に入っていきます。工房を見た事ある方なら分かると思うのですが裁断の段階だとパーツがバラバラで何を作っているのか全然分からなかったものが,ようやくスーツの形をしてくる。それがこの縫製の工程になります。

耐久性に優れいつまでも型崩れしにくいスーツに仕上がるのかどうか決まるのはこの縫製工程で行われる”芯据え”です。スーツは表の生地だけで出来ているわけではありません。表地と裏地,そして表からは見えない”芯地”で出来上がっているんです。人間でいえば言わば”心臓”にあたるこの芯地。この芯地の良し悪しがスーツの完成度を左右すると言っても過言ではありません。

写真 2017-08-31 14 41 36

最終仕上げも念入りに

こうして縫製が仕上がった段階で終わりではありません,最終工程である”仕上げ”の工程に入ります。全てのスーツを同じように仕上げていく訳ではありません,最終仕上げは個々の素材に適したプレス条件で、プレス機により最後の仕上げを行います。そして、最終手アイロンにより立体感のある美しいシルエットのスーツが完成します。

写真 2017-08-31 15 35 37私のミッションであり,イルサルトの経営理念である”装う事で生まれる自信を届ける”これを実現する為に日々頑張れているのも,こうして物作りを支えて下さる方々がいるからなんです。お店に並んでいる商品だけを見ていると,何だか自動的に商品が出来上がってくる様に錯覚してしまいますが商品が出来上がると言うのは,本当に多くの方の手や思いをバトンタッチしてきた結果です。

写真 2017-08-31 15 58 48イルサルト,縫製工場,生地屋さん,副資材屋さんなどのお仕立てにかかわる全ての人が”何の為に仕事をするのか?”を感じて日々の仕事に使命感を持って進められるように,物作りの連携を強めていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真 2017-08-28 13 51 08

9/22(金)~24(日)代官山オーダー受注会開催します!

今日から9月に入りましたね,早いもので2017年も後半に突入しましたが仕立て屋さん的には一年の中で最

記事を読む

写真 2017-03-17 16 35 32

4/21(金)~23(日)代官山オーダー受注会開催します!

4月も初旬を過ぎ,お客様にお仕立てを頂いた春物スーツがどんどん仕上がってきています!

記事を読む

大西暁さん

経営者としての装いを決める上で最も大切な視点

大西暁さんの一言 カッコ良かったらいい!オシャレだったらいい! イルサルトを創業した頃,お客

記事を読む

19961318_1441431189269335_4196016316512892904_n

経営者に大切なのは”経営理念を身に纏う”と言う考え方

”経営者専門のスーツ仕立て屋”と名乗っているものの実は昨年の夏までは暑さに負けていたんです・・・夏以

記事を読む

方喰さん

明後日6/23(金)~25(日)代官山オーダー受注会を開催します!

6月も後半に入りましたね,全然雨が降っていなかったのですが今日は全国的に大雨の様ですね。この梅雨が終

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
小ノ島さん5
システム会社役員 小ノ島尚博さん,社会保険労務士 池本修さんを紹介させて下さい!

今日も又お2人の素敵なお客様を紹介させて下さい! システム会社取締役

0169_TAK_9208
“記憶に残す”経営者になる為の装いで最も大切な事

経営者の装いに好印象は不要 ”末廣さんってスーツ何着持っているのです

澤村健司さん
身体が引き締まっている経営者が共通して使う”ある言葉”

痩せたらスーツを仕立てに来ますね! この8年間何度となくこの言葉

杦原さん3
経営者は”経営理念を身にまとう”と言う考えを持つ事で,価値が伝わりやすくなる。

カッコ良かったらいい!オシャレだったらいい! お客様のスタイリン

キャプチャ
9/29(金)小松にてオーダー受注会開催です!

9月も中旬に入り,お客様にご注文を頂いた秋冬物スーツがどんどん仕上がり

→もっと見る

PAGE TOP ↑