*

稼ぐ経営者は考えて動くのではなく,動きながら考える

公開日: : 最終更新日:2017/09/05 投稿者:末廣 徳司 オススメ書籍情報, カッコイイオヤジとは, 末廣徳司ってこんな人 ,

色々な方のメルマガやブログを読んでいるのですが,その中の一つが青山華子さんのメルマガです。仕事を進める際の心構えやコツを非常に毎回わかりやすく書かれているので,私も毎回非常に楽しみに読ませて頂いています。

51Ws57LTo5L._SX342_BO1,204,203,200_

先日のメルマガでこんな事を書かれていました。

↓↓ここから引用

【質問】

「自分にあったお客様」を見つけろといいますが、それはどうやったら見つかるんですか?自分はまだ駆け出しで、実績もほとんどありません。そんな自分でも最短で売上を上げる方法を教えてください。

【私の回答】

講師、コンサルタント、士業など、先生業というのは「知識差ビジネス」です。圧倒的に情報格差、知識差があり、かつその方たちに「お金を払ってでもお願いしたい」という心づもりがあれば、あなたが初心者でもお客様になってくれる可能性があります。

最短で売上をあげたいなら、必要なことは、

1、現状で、下手なままでも申し込んでくれるお客は誰か?

2、今までの経験やスキルを活かした土壌で勝負すること

3、やりながら急いでうまくなること

協会の認定講師や国家資格の取得者、士業やキャリアカウンセラーなど、真面目で勉強が好きな方たちに多いのが、

●実力がついてからやろう

●うまくなってからやろう

といつまでたっても勉強ばっかりしていること!お気持ちはわかりますよ。お金をいただくんだから、しょぼいものを提供してもだめ。もうちょっとうまくなってから堂々と売りたいって。でもね、そういう方たちに聞きたい。

【いつうまくなるんですか?】と。

勉強ばっかりしていても、知識は増えるけど、頭でっかちになるだけで「うまく」はなりませんよ。え?スクールで練習とかロープレをしているって???まあやらないよりはいいですけれど、練習はあくまで練習。本番を数多くこなさないと実力はつかないし実績も増えません。

さらに、こういう方たちにありがちなのが、会社員時代の仕事やバックボーンを全てゼロリセットして、「全くのゼロから」新しいことを始めてしまうこと。それって「第二新卒と同じ」ってことだってわかっています?つまり、

●年だけとってる「仕事ができない新人」

ってことです。そこでなんとかしようとするから売れないのだと思います。なぜ、「今までの経験やスキルを活かした土壌で」勝負をしないのでしょうか?ここで言う「今までの経験やスキル」というのは、デザインができるとかキャンドルが作れるとかそういう「技術」のことではありません。

会社員時代、テレアポをしていたとしたら、その応対力、もしIT関係だったらそのサポート力やヒアリング能力など、その仕事によって培われた「基礎力」のことです。まとめると、「あなたが勝てそうなところで試合に出よう」ということです。

1、現状で、下手なままでも申し込んでくれるお客は誰か?

2、今までの経験やスキルを活かした土壌で勝負すること

3、やりながら急いでうまくなること

をやったほうがいいですよということです。最初は、圧倒的に情報格差、知識差があるところからはじめてください。お客様層によっては価格が安いかもしれませんし、あなたの理想のお客様とは違うかもしれない。

でも、はじめから自分の思い通りに、「好きなことをして、理想のお客様だけに囲まれた生活」とはいきません。まずは実績を積み重ねて、ちゃんとお金も稼いで、だんだん自信も出てきて、お客様の数も増え、実力も上がり、その先に、ステップアップしたら値上げしたり、お客様を少しずつ変えていく。ビジネスってそういうものです。

↑↑↑ここまで引用

読ませて頂き唸りました。スタートアップしたり,新たな事業展開をする際にどう考え,どう行動したら良いのかが素晴らしく分かりやすく書かれています。本当にその通りなのではないかと思うのです。

どちらかと言うと私自身は考えるタイプ,考えて考えて少しだけ行動して上手く行かなかったらすぐやめる。結果が出ない人の特徴そのものです。イルサルトを立ち上げた後は多少は行動派になってきたものの,基本的には考えるタイプです。ここが自分自身の大きな課題であると思っています。

そもそも本当にやりたい事や使命に感じる事であればつべこべ考えている時間なんてなく,すぐに行動に移しているはずです。行動に移せていないと言う事は,本当にやりたい事ではないのか?単に熱量の不足です。

イルサルトのお客様を見ていて感じるのがまさにここなのです。何かを始める時に考えてから動くのでなく,動きながら考えている。おそらくものすごく考えていらっしゃる事は間違いないのですが,考えている100倍くらいは実践をされているので考えているように見えないと言ったほうが正しいかもしれません。

考えながら動き修正するの繰り返し。私自身もここを意識しとにかく実践していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

10406400_868069153272211_8086706435106217202_n

マセラティ、フェラーリ超高級車が続々と集まる仕立て屋(笑)

イルサルトに来られるお客様って色々なものにこだわりを持っている方が多いのですが、その中でも多いのが車

記事を読む

写真 2017-02-03 12 43 31

牧尚人さん特集のニッポンのカッコイイオヤジ名鑑を5名様にプレゼントします!

ニッポンのカッコイイオヤジ名鑑 ブログ,フェイスブックといった所謂ソーシャルメディアと呼ばれる媒体

記事を読む

小浦隆造さん

自分にしか出来ない事を突き詰める事でブランドは構築されていく

突き抜けている人の感覚 私自身もそうなのですが仕事をしているとどうしても他社が気になったり,自分と

記事を読む

12249909_922259867853139_4850771785958859095_n

今日は山ごもりの1日です!

月に1回仕事の現場を離れ琵琶湖近くで自分と向き合う時間を作っています。 そして今日がそ

記事を読む

写真 2015-02-19 5 46 19

ボクは毎日22時就寝4時半起床

ボクは基本的に22時には寝て4時半に起きる,そんな生活を毎日しています。 あ,と言っても食事に

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
68F720CE-F009-41CE-B7F0-81EDC07E92CA
来週1/26(金)~28(日)代官山オーダー受注会を開催します!

メンズファッションの世界最大級の展示会”ピッティウオモ”がフイレンツエ

68F720CE-F009-41CE-B7F0-81EDC07E92CA
加古川,小松,岡崎,新潟の皆様お待たせしました!

各ショップはセール真っ最中ですが,ここイルサルトには先日買イタリアで買

8FA8A0B1-4FDD-4F72-85E6-D10D4C188858
シグナムのボールペンの取り扱いを始めました!

一点一点を特注でお仕立てをさせて頂くスーツやシャツの他に,気に入ったネ

C060FAFA-3FC6-49F0-9532-574EC23B2F64
イルサルトのカッコイイオヤジ養成講座最新号を5名様にプレゼントさせて頂きます!

ニッポンのカッコイイオヤジ名鑑 ブログ,フェイスブックといった所謂ソ

写真 2018-01-10 11 16 11
パリ,フィレンツエ出張から帰国しました。

ようやく日本に帰りました。。 先週の土曜日からスタートした8日間に渡

→もっと見る

PAGE TOP ↑