*

経営者は”経営理念を身にまとう”と言う考えを持つ事で,価値が伝わりやすくなる。

カッコ良かったらいい!オシャレだったらいい!

お客様のスタイリングを決める時に以前はそんな風に思っていました。又今では”装い”と言う言葉を使っているのですが,その当時はこの”スタイリング”と言う言葉を多用していました。

この生地は~と言うブランドで,この秋冬シーズンのトレンドは~で

そんな感じでした。しかしある時に税理士のお客様から言われた一言で私の仕事に対する考え方がガラリと変わりました。それはこんなコトバだったのです。

トレンドもブランドもどうでもいいからボクを信頼される税理士に見える様にして下さい!

このコトバを最初聞いたときには?って感じでした。ファッション業界で生きてきた私にとってはトレンドやセンスは死活問題(笑)今年らしいかどうか?カッコイイかどうか?が最大の関心事でしたから。

2015-06-16 11.36.40

でもこのコトバを聞いた瞬間に、あっ今までは特殊な世界に生きてきたんだな~、一般の方はブランドもトレンドもどうでもいいとまでは言わなくてもそれよりも大事な事があるんだなと言う事に気付いたんです。今、私が経営者専門のスーツ仕立て屋と名乗っている一番大きな理由がここにあります。

イルサルトに来られるお客様は中小企業経営者、政治家、芸能人、講演家、コンサルタント、士業、ライフプランナーなど自らのブランド化が必要不可欠な職種の方です。自らのブランド化が必要不可欠とはどういう事かというと、他社との違いを鮮明に打ち出し自分の認知度を上げる事が非常に大切であるという意味です。

例えば私が三菱商事に勤務していたとしたら、三菱商事の末廣ですと言えば瞬間的に覚えてもらえます。それは三菱商事と言う会社に強力なブランドと圧倒的な知名度があるからです。でも私が末廣商事に勤務していたとしたら、末廣商事の末廣と言ったところで1.2日で忘れられます。それは末廣商事にはブランドも知名度も全くないからです。

知名度のある会社に在籍している場合は、自分をブランド化する必要性はあまりありません。あくまで”あまり”です。終身雇用が崩壊している今ではその必要性もどんどん上がってきました。これからは会社の中でも自分ブランドを確立するのが必要不可欠な時代になってきているとも思います。

12c592a0f5私がお世話になったワールドも苦戦中です。

組織にブランドが無い以上自分にブランド力をつける事で組織にブランド力をつける事が出来ます。ですので中小企業の場合なまず自分自身のブランディングを強化する事が大切です。

そのブランド力をつける上で最も大事なのが専門性、誰に何が出来るのか?何のお役に立てるのか?という部分。

カンタンに言えば自分は何の専門家なのかと言うこと。

これがまず明確で独自性である事。そして情報発信力や継続力、コミュニケーション能力。人との繋がりがすごく大切になってきている中、自分よがりの発信ではなく相手が何を欲しているのかを感じ取り役立つ情報を発信する、そして発信するだけではなくコミュニケーションを取って自分を中心とするコミュニティを作っていく事が大切です。

この情報の伝え方が非常に重要で、いくら素晴らしい商品やサービスを持っていたとしてもその価値が伝わっていなければ、その商品やサービスは存在しないのと同じなんです。

私自身ファッションと言うのは、伝える手段の1つでありプレゼンテーションツールであると思っています。よれよれの身なりの人よりもきちんとした格好をしている人の方が信頼を勝ち取りやすいのは誰しも分かっている事だと思います。

松浦陽司さん2

 

服装がどうでもいいと言う方は、自分の価値が伝わらなくていいと言っているのと同じです。ファッショナブルにするとか、オシャレにするとかと言う意味ではなく、自分の在り方や思いを体現できる装いを経営者はしたほうがいい。

もっと言えば”経営理念を身にまとう”と言う考えを持つことで,価値が伝わりやすくなるからです。

又私が大切だと思うのは

キャラクターと思いと外見に一貫性があるかどうか?

この3つに一貫性があると、言っている内容にも説得力が増して価値が伝わりやすくなるんです。価値が伝わりやすくなると相手の記憶から忘れられにくくなります。忘れられたら仕事を依頼されることはないですが、記憶にある以上仕事を依頼される可能性は残り続けます。

ただ単に似合っているかとか、今っぽいかではなく、本当の意味で自分らしいかどうか?自分の価値が相手に伝わる装いであるかどうか?”経営者としてののスーツ”はそういった視点で選ぶのがすごく重要です。

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

17359084_1314128415332947_3011601813887839301_o

経営者が自身の装いにこだわらないといけない理由

経営者の装いに好印象は不要 ”末廣さんってスーツ何着持っているのですか?” そんな質問を良く

記事を読む

18156883_1365076133571508_4070855649263498345_n

経営者はパンツの裾をシングル,ダブルどちらにすれば良いのか?

シングル?それともダブル? スーツ屋さんに行ってスーツを買う時に必ず聞かれるのが ”パンツの裾をシ

記事を読む

写真 2016-02-15 17 02 49

経営者に必要なのは”服を捨てる概念”

経営者は捨てる概念も重要 何を選ぶか?も非常に重要なのですが,それと同じくらい大切なのが何を捨てる

記事を読む

写真 2015-04-01 7 58 31

多くの方のスーツのサイズが合っていない大きな理由

ビジネススタイルにはセンスは要らない。 必要なのはキチンと見える着こなしのルール。 ボク

記事を読む

13532897_1051976244881500_1364343213077665485_n (1)

最近のどない画像はどない?!

今日のどない画像 毎日毎日自分のスタイリングを”今日のどない画像”と題しフェイスブックに投稿をして

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
写真 2018-01-25 13 52 12
知っていると話のネタになる靴の知識

靴のサイズが合っていない方が多い 一番サイズが合っていないものは靴な

写真 2017-10-14 14 20 04
3/2(金)~3(土)岡崎にてオーダー受注会を開催します!

2月も後半に入り,先日イタリア出張で買い付けた生地や小物が続々と入荷を

C060FAFA-3FC6-49F0-9532-574EC23B2F64
本日2月21日でイルサルトは9回目の誕生日を迎えました!

2009年2月21日創業から9年 イルサルトを立ち上げたのが今から9

TER_9943
イルサルトが本当に届けたい価値とは?

イルサルトが最もお役に立てる方とは? 日本で唯一の経営者専門スーツ仕

写真 2018-02-17 12 53 07
湯ノ口弘二さんから学んだ”経営者の在り方”の大切さ

昨日はコミュニケーションエナジー湯ノ口弘二さんとほめる達人ことほめ達 

→もっと見る

PAGE TOP ↑