*

経営者の装い”選ばない物の基準”を明確に持つ

公開日: : 最終更新日:2017/11/24 投稿者:末廣 徳司 末廣徳司ってこんな人, 経営者の装い術 ,

定期預金を解約して起業した8年前

今から8年前のイルサルトを創業した頃のお話です,私は資金が潤沢にあって起業をしたわけではなく,銀行からの借り入れも全くしませんでしたので,頼りになるのは自分の預金だけでした。

サラリーマン時代に貯金をしていた定期預金を解約(奥さんには内緒にして)し事業をスタートさせたのですが,売上がどれだけ出来るのか全く分からなかったので,とにかく如何にお金を使わずに事業をするかだけを考えていました。

株式会社ではなくお金のかからない個人事業,勿論事務所は持たず,どんなに荷物を持っていたとしてもタクシーは一切使わず,東京や地方への出張は全て格安深夜バスを使って移動をしていました。

exma 043起業直前 藤村正宏先生と

さすがにスーツは昔のスーツと言うわけにはいかないので,起業するにあたってスーツ2着,シャツ3枚,ネクタイ3本を新調したのですが,鞄やベルトにまではお金をかける余裕がありませんでした。

今でも忘れられないお客様の一言

最初私は今の様にサロンを持っていたわけではありませんでしたので,お客様のご自宅や会社まで採寸に行き,出来上がったお品物を又お届けさせて頂く出張型の仕立て屋と言う形式で事業をしていました。そしていつもの様にお客様の所に行き採寸をさせて頂き,終わってからコーヒーを頂いているとそのお客様がこんな風に仰ったのです。

「末廣さん これは愛のあるダメ出しとして聞いて欲しいんだけど,起業したてとかどうかはお客様にとっては全く関係のない事で,お客様の前ではプロの仕立て屋として振る舞う事が非常に大事だと思う。その振る舞いがお客様にも安心を与えると思う。それは振る舞いだけではなくて,どんな格好をしているかどんな物を持っているかも全部含めて,悪い言い方かも知れないけどその人のレベルを表していると思う。

特にお金持ちの方ほどそう言った所に敏感だしよく見ている。そういう意味で言うと末廣さんが今使っている鞄はすぐにやめた方がいいよ,その鞄を持っているとその程度の人間としか見られない。起業直後でお金に余裕がないかもしれないけど,自分の価値を高くすると思って新しい鞄を買った方がいい」

当時私が使っていた鞄は10年以上前にセレクトショップで購入したナイロン製の黒い鞄でした。購入したのは1999年頃で当時ナイロン製のカバンが流行し始めていて,流行を先取りして購入したのがその鞄でした。

大切に使えば味が出る物とそうではない物

ナイロン製の鞄は軽くて持ちやすいと言うメリットはあるものの,購入した時点が最もキレイでお手入れをしても革の鞄の様に艶がでてきたり味がでてくるものではありません。10年ほど使っていたそのナイロンの鞄は汚れ,端の方は擦り切れている状態でした。でも有名ブランドの鞄だし,それなりの値段もしたので少し年季が入っているけどまだ大丈夫かなと思って使っていた鞄でした。

でもそのお客様に言われ気づいたのです,大切にお手入れをして美しい艶が出てきている革の鞄を持っている事は信頼感や安心感に繋がりますが,私が持っていたのはただの年季の入った古くて汚い鞄でしたので,鞄まで気が回らない人くらいにしか思われません。

そしてもう一つはファッションはバランスであり,何かのアイテムだけが目立っているのは浮いている証拠であり,持っているアイテムの中で一番安っぽく見えるアイテムにその人のレベルが見られると言う事です。

113040_thumbnail
何を選ぶか,何を選ばないのか?

例えば高級そうなスーツを着て,ピカピカの靴を履いている人が,胸ポケットから取り出したのが100円ボールペンだったらどうでしょう?実はこの人普段は100円ボールペンを使うような人で今のこの格好はかなり無理してるんじゃないか?とか一気にその格好が嘘くさく見えてしまうことはないでしょうか?下手をすると信頼感さえ損ないかねません。

着るスーツには,そのスーツに相応しいシャツ,ネクタイ,小物があるのです。そのバランスが取れてこそより信頼感が生まれるものです。何を選ぶかも大切ですが,何を選ばないかも同じくらい重要です。

経営者の仕事は「しない事を決める」と言われることも有り,何に集中するかが大切ですが,服も全く同じです。何を選ぶのか?そして何を選ばないのか?見極める目を持つ事が大切なのですが,これは使うべきかどうか分からない・・そんな時があればいつでもご相談下さいね!

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真 2017-04-07 12 59 43

経営者はスーツにボタンダウンシャツを合わせない!

様々あるシャツの襟の形 何気なくお召しになっているシャツの襟の形にも色々な形があります。レギュラー

記事を読む

Dprp_11024_1

私のデジカメに対する常識を覆したこのカメラ

最近デジカメはあまり持ち歩いていなくて写真を撮るときは専らアイフォンのカメラを使っていました。でもア

記事を読む

表紙

イルサルトフェイスブックページの表紙を飾るカッコイイオヤジ達!前編

このブログの他にフェイスブックも使って日々情報発信を続けているのですが、先日イルサルト会社フェイスブ

記事を読む

写真 2017-08-31 14 43 47

イルサルトに来られる”美しく稼ぐ経営者”から教えて頂いた事

私の正直な気持ち アパレル業界を良くしたい!日本を元気にしたい!正直言うとこうした気持ちは私にはあ

記事を読む

photo

イルサルトを立ち上げた原動力は私自身の強いコンプレックスでした

父の会社に就職、しかし全く上手く行かない日々 大学を卒業し、アパレル最大手の会社であるワールドに入

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
TER03471
2018/1/26(金)~28(日)代官山オーダー受注会開催します!

毎月一回定期的に代官山サロンで開催しておりますオーダー受注会も今年の日

6
神様が現れたピサ空港

先週週末に2017年最後の代官山オーダー受注会を無事に終えました,今回

写真 2017-10-04 9 56 23
経営者の生き様を表す運命のスーツを仕立てるのがイルサルトの役割

再来年イルサルトは10周年を迎えます。 来年の2月になればイルサルト

写真11
経営者が知っておくと得をするフォーマルウエアの知識

社員の結婚式にどんな装いで行けば良いのでしょうか? お客様に良く聞か

写真6
関係性を大切にする経営者にオススメの田坂広志さんの一冊

言葉以外を感じる力 お客様とお話している時は勿論そうなのですが,家族

→もっと見る

PAGE TOP ↑