*

経営者にとって不要な服とは?

1年以上着ていない服を又着る機会は残念ながら来ない

ビジネスマン生活が長くなってくるとその時間に比例してクローゼットの中にある服の数が増えていきます。このクローゼットの中にある服もよく着る服,たまに着る服,ほぼ着ない服色々あるかと思いますが,ほぼ着ない服 具体的に言うと1年以上着ていない服には必ず何かしらの理由があるはずです。

サイズが合っていない,それなりの金額を出して買ったけど捨てるに捨てられない,何か着る気がしない,着てもテンションが上がらないからタンスの肥やしになっている,などなど色々な理由がありますが,1年以上着ていない服はそのままにしておいても着る機会は残念ながら来ません。

Y_KA0571

 

まずはその服を1年以上着ていない理由を考えてみてください!その理由は色々あると思うのですが多くは,サイズが合っていないか,捨てるに捨てる事が出来ないかどちらかになるのではないでしょうか?それぞれの場合の対応策を書いていきますね。

サイズが合っていない服はどうするか?

サイズが合っていない事が原因で着ていない服はサイズのお直しをする事をオススメします。但し太ってしまって着ることの出来ない場合は服を大きくするよりもまずは身体を引き締める事を優先して下さい。身体に合わせて服を大きくしているといつの間にか服のサイズに合わせるようにどんどん太ってしまう事が多いのです。

ジャストサイズの服は少し食べ過ぎるときつくなります。これ以上食べると危険と言う信号を出してくれるので過食を防いでくれます。しかし大きなサイズの服は多少食べ過ぎたとしても微妙な変化に気づかず過食をしてしまい,気がついたら太ってしまっている,そんな事もよくあるのです。

実際に私がそうでした。今よりも10キロ以上体重があった10年ほど前はデニムばかり履いていました,履いていて楽なのとお腹が出ていても誤魔化すことが出来るからです。しかし心機一転して肉体改造をしてからは思い切って服のサイズを全て変えました。肉体改造をしてから3年以上経ちますが今リバウンドしていないのもこれが大きな要因です。

捨てるに捨てられない服はどうするか?

捨てるに捨てることの出来ない原因は色々とあります。高いお金を出したけどあまり着ていないとかプレゼントをされたものとかがこれに当たります。高いお金を出したけど着ていないものは昔っぽい服が殆ど、又この服が流行る時まで置いておこう!そんな淡い期待を持ってクローゼットに有り続けるものなのですが、残念ながら流行する時は来ません。

ディティールが再び流行する時は勿論あるのですが、全体のシルエットとか雰囲気とかが昔のままなのでやはりかなり古臭い印象を与えてしまう物ですので、こういった服は思い切って捨ててしまいましょう!もう一つのプレゼントされたから捨てるに捨てることが出来ない服、これはなかなか難しいですね。これを捨ててしまえば人間失格(笑)の様な気もするのでなかなか捨てられません。小物であればあまり問題にはならないのですが,スーツとかコートと言った大物は場所も取るので保管し続けるのもなかなか難しいです。

私はプレゼントされた昔のスーツなんかは、靴袋やハンチング(帽子)なんかにリメイクしたりして使うようにしています。

o0480064011890187504

昔のスーツ生地で作ったハンチング

着てもテンションの上がらない服はどうしたらいいのか?

その他の原因の場合,例えば何か着る気がしないとか着てもテンションが上がらないからなどの理由の場合はすぐに捨てるようにしましょう。昨日のブログでも書いたのですが,私は最近”ZOZOユーズド”を使って大量の服を断捨離しました。ヤフオクの様に写真を撮ったりする手間もなくただ送るだけなので非常に簡単で便利なサービスです。

何故捨てたり,売ったりするのかと言うと,経営者にとって服とは「なりきりスイッチ」を押してくれる大切なビジネスパートナーなので,着ていてもテンションの上がらない服はもう既にその役割を終えているのです。そういった服は思い切って捨てるか売りに出す事で新しい出会いが有ったり,又何かを手にいれる事が出来るのです。自分の周りを自分が心から気に入っている物だけにする,それだけで気分が変わりますので運気は確実にあがります。金運は美しい所にしか来ないのです。ある程度の年齢になればそれなりの服は持っています。でも数は有るけど「着る服がない」と嘆いている方も実は結構多いのです。

それは買い方にも問題が有るのですが,それ以上に問題が有るのが実は「捨て方」です。特に男性のビジネスの装いの場合はさほど数は必要ではありません。纏った瞬間にテンションが上って仕事スイッチが入る,そんな理想の服だけを持つようにしましょう!

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真9

中小企業経営者は,生き方や在り方がそのまま企業のブランドになる

来月で創業9周年を迎えます 来月2月でイルサルトは創業9周年を迎えます,まだまだ先だと思っていた創

記事を読む

写真 2017-03-22 9 37 19

経営者のブランディングに最適!ステファノビジのネクタイ大量入荷しました!

経営者のブランディングをする上で”ネクタイ選び”は非常に重要です。と言うのも,ネクタイは顔の近くにあ

記事を読む

DSC_3281

パリ初日はクリニャンクールの蚤の市へ

パリと言えば高級ブランドが立ち並ぶ街,そんなイメージを持たれている方も多いと思うのですが”蚤の市”と

記事を読む

ARY70430

イルサルトオススメは存在感の増すダブルスーツ

スーツ姿で最もドレッシーなスタイルと言えばやはりスリーピースかダブルだとボクは思っています。

記事を読む

img_0

経営者は,何故好きと思ったのか?を考えるクセをつける

長旅でした。。 搭乗を予定していたエールフランスがスト決行でフライトキャンセル。フランクフ

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
51QCZEgZ+4L
私が人と接する上で気を付けている3つの事:尊敬する,喧嘩する,継続する

変わった人の対する考え方 今現在イルサルトのスタッフは私以外に事務全

写真 2018-01-25 13 52 12
知っていると話のネタになる靴の知識

靴のサイズが合っていない方が多い 一番サイズが合っていないものは靴な

写真 2017-10-14 14 20 04
3/2(金)~3(土)岡崎にてオーダー受注会を開催します!

2月も後半に入り,先日イタリア出張で買い付けた生地や小物が続々と入荷を

C060FAFA-3FC6-49F0-9532-574EC23B2F64
本日2月21日でイルサルトは9回目の誕生日を迎えました!

2009年2月21日創業から9年 イルサルトを立ち上げたのが今から9

TER_9943
イルサルトが本当に届けたい価値とは?

イルサルトが最もお役に立てる方とは? 日本で唯一の経営者専門スーツ仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑