*

経営者は”ブランディングの為の勝負服”を持つ事が重要

公開日: : 最終更新日:2018/02/14 投稿者:末廣 徳司 イルサルトからのお知らせ, スーツの選び方, 経営者の装い術 ,

“革命的に変化”したスーツを選ぶ基準

イルサルトを創業し数年間は私のスーツを選ぶ基準は,“カッコイイかどうか?”ただそれだけでした。その年のトレンドを押さえた生地を選び,スーツだけでなくファッション性の高いジャケットパンツスタイルも積極的に採り入れていました。転機が来たのが2015年,友人が病気になり長期療養する姿を見て自分自身がもっと健康に気を配らなければいけないと思い,肉体改造を決意する時が来ました。生活習慣を見直し定期的にトレーニングをする事で見違える様な体のシルエットになりました。と同時にパーソナルブランド協会が主催しているセミナーコンテストグランプリ(以下セミコンと略します)に挑戦をしました。

ilspo

 

経営者にとってスーツとは何か?

セミコンとは自分の体験した事を再現性の高いノウハウに変え,10分間のセミナーにまとめ発表すると言うものです。このセミコンに挑戦する中で“経営者にとってスーツとは何か?”の軸が段々と明確になり,自分自身の装いに対する考え方も変わっていきました。“経営者にとってスーツとは企業ブランドを創る最大のメディアである”イルサルトの届けたい価値を凝縮したこの言葉に辿り着いたのもこのセミコンの挑戦があったおかげなのですが,自分自身の装いや立ち居振る舞い,生き方に至るまで“自分がどう在るべきなのか?”を徹底的に考え,様々な事を変えていきました。

スーツを纏う目的とは?

それまでは自分のお洒落の表現であったスーツを,“自分ブランドを創り上げるメディア”と捉え直しました。メディアの最大の目的は“記憶に残す事,相手の記憶に強く刻み込む事です。目的が変わると手段が変わります,記憶に残す,メディアたるスーツにする為にはどうしたらいいのか?を考えた結果,最も人間の記憶に残りやすい”色と形”を意識すると言う方法に辿り着きました。具体的に言うと,色も形も常に同じな事が最も人間の記憶に残りやすく,たとえ形が変わったとしても色が同じである事,逆に色が変わったとしても形が同じである事が人の記憶に刻み込む為の最大のポイントであることに気づいたのです。

和田友宏さん3

自分の伝えたいメッセージをスーツに込める

そしてもう一つのポイントは,形の力よりも色の力の方が強いと言う事です,色の力を使う事が最も視覚的に相手の記憶にダイレクトに刻み込むことが出来るのです。又それまでは,服を使って“自分の印象を良くする”や“第一印象を良くするために”みたいな事を言っていたのですが,これは単なる表面的なテクニックに過ぎない事が分かりました。印象を良くするために服を着るのではなく,自分の本当に伝えたいメッセージを伝えきる為に服を纏う事,自分の纏う服は自分の生き様の表れそのものであり,自分がこう生きていくと決める決意表明とも言えます。

必ず存在する“運命の服

一人一人の人生に相応しい“理想の服”があり,その理想の服を纏う事でより自分らしい充実した人生を送る事が出来る,そんな風に服に対する考え方も変化をしていったのです。私の場合は職業が“スーツ仕立屋”ですので,毎日同じ色を纏うのはなかなか難しいところがあります,色の組み合わせやご提案を自分の身体を使って表現をしたいからです。ですので色の力ではなく,私は形の力を使うようにしていて私の纏うスーツは季節に関係なくスリーピース若しくはダブルの二種類だけです。

写真 2017-05-11 14 48 10

ブランディングの為の装い

ただ昨年まではこの2つだけだったのですが,自分ブランディングを強化する為に今後は季節を問わず“スリーピース”のみを纏う事を決めています。ただ名刺の写真やウエブサイト,SNSなど一目で“経営者専門スーツ仕立屋 イルサルト代表末廣徳司”と認識してもらう必要のあるブランディングの為の装い所謂“勝負スーツ”は上から下まで毎回全く同じ装いにして,この色と形のパワーを最大限に使うようにしています。私の場合で言えば,ブランディングの為の勝負服とそれ以外の仕事服はこの様に明確に分けています。是非経営者の皆様はそんな視点を持ってスーツを選ぶようにして下さいね!

The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋として,”経営者のスーツとは企業ブランドを作り上げる最強のメディアである”と言う信念の元,2009年2月イルサルトを立ち上げる。イルサルトとはイタリア語,英語ではイルはThe,サルトはTailor,即ち仕立て屋そのものの意味,スーツを通して経営者自身,そして企業を理想の姿に仕立て上げるお手伝いをしています。中小企業経営者,政治家,芸能人,講演家,コンサルタント,士業,ライフプランナーなど経営者自身及び企業のブランド化が必要不可欠でブランディングが業績に直結する業種,また外見の重要性を何となくは理解しながらもどうしたら良いのかが分からない悩みを持つ方を対象に創業8年間で延べ10,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしてきました。経営者には”自身や会社の価値が正しく伝わる装い”が必要です。その為にイルサルトでは、まず仕事への想いや,志,理念などを詳しくお伺いさせて頂きます。インタビューの内容を元に “価値が伝わる装いのご提案書”にまとめさせて頂いた上で,スーツ,シャツ,ネクタイ,靴,コートなど全てのアイテムを一点一点特注でお仕立てをさせて頂いております。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

本田賢広さん2

経営者の服選びでは”似合う似合わない”は全く考えなくて大丈夫です。

経営者にとってスーツとは何か? 経営者にとってスーツとは何か?これは人それぞれ考え方が違うと思うの

記事を読む

橋本英雄さん3

株式会社光伸 後藤晋司さん,アサヒドリームクリエイト株式会社 橋本英雄さんをご紹介させて下さい!

2016年もいよいよあと2週間!いよいよ年末という感じですが,イルサルトでは今日も2人の素敵なお客様

記事を読む

図1

経営者のスーツ選び、一張羅は必要ありません!

これはここ一番の一張羅にしよう! そう思って買った物ほど勿体なくてなかなか着ない、でも結構価格

記事を読む

DSC_0399

イルサルトが展開する新ブランドの名前が決定しました!

このブログでも書かせて頂いた事があるのですが,今年の秋冬シーズンくらいから新しいブランドを立ち上げる

記事を読む

bag

経営者がショルダーバッグを使わない方が良い2つの理由

ショルダーバッグはスーツに合わせない 意外に使っている方が多いバッグが肩から掛けるタイプのショルダ

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
51QCZEgZ+4L
私が人と接する上で気を付けている3つの事:尊敬する,喧嘩する,継続する

変わった人の対する考え方 今現在イルサルトのスタッフは私以外に事務全

写真 2018-01-25 13 52 12
知っていると話のネタになる靴の知識

靴のサイズが合っていない方が多い 一番サイズが合っていないものは靴な

写真 2017-10-14 14 20 04
3/2(金)~3(土)岡崎にてオーダー受注会を開催します!

2月も後半に入り,先日イタリア出張で買い付けた生地や小物が続々と入荷を

C060FAFA-3FC6-49F0-9532-574EC23B2F64
本日2月21日でイルサルトは9回目の誕生日を迎えました!

2009年2月21日創業から9年 イルサルトを立ち上げたのが今から9

TER_9943
イルサルトが本当に届けたい価値とは?

イルサルトが最もお役に立てる方とは? 日本で唯一の経営者専門スーツ仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑