*

ナポリ仕立てスーツが世界中の紳士を『虜』にする理由

公開日: : 最終更新日:2018/06/13 投稿者:末廣 徳司 ピッティレポート, 経営者の装い術 , , ,



『ナポリ仕立てスーツ』


わざわざナポリまで
スーツを仕立てに来る

そんな方もいらっしゃるほど
世界中の紳士から賞賛される
『ナポリ仕立てスーツ』


DSC_1470

この秘密を
少し書いてみたいと思います



◆ナポリ仕立てスーツの特徴



ナポリ仕立てのスーツが
愛される理由の一つ


それは『高い縫製技術』です


その技術は
「機械仕立て」でなく
『手縫い仕立て』によるもの

カンタンに言うと
『腕の良い職人さん』が
ナポリに沢山いるという事です



◆腕の多い職人の多い理由



何故ナポリには
腕の良い職人さんが多いのか?

それはナポリの国の歴史と
密接な関係があります

昨日のブログに書きましたが
ナポリは元々ギリシャ植民地

そこから色々な国の支配下に
入る運命をたどります


 ※ ギリシャ
 ※ ローマ帝国
 ※ ノルマン
 ※ スペイン
 ※ イタリア


写真12

文化も全然違う国の統治下
服は特注が当たり前の時代


 支配者たちは
 それぞれの趣味嗜好で
 職人に服を仕立てさせます

 自分の国から
 『お抱え仕立て屋』を連れ
 技術を教える場合もありました


様々な要求に応じる中で

『ナポリの職人の技術力』

は自然と向上しその技術が
現在に伝わっているのです



◆気温と気質の違い



スーツが生まれたのは
『イギリス』

イギリスで生まれたスーツが
イタリアに渡りました


この2つの国の
最も大きな違いが
『気温と気質』


 『北』にあるイギリス
 『南』にあるイタリア

中でもナポリが
位置するのが南イタリア

写真15


寒い国で生まれたスーツが
暑い国に渡る中で
変化をしたものが『仕立て方』

高温での着用に対応するため


 ※ うすく
 ※ かるく


仕立て方を変えたのです

イタリア特にナポリのスーツが
軽く薄い理由がここにあります



◆気質の違い


もう一つの違いが『気質』


『真面目で堅い』
 イギリス人

『ラテン系で楽しい』
 イタリア人


元々はイギリスで生まれたスーツ
様々なルールがあります

写真 2016-01-15 9 16 48

 ルールで縛られるのが嫌い

 スーツに遊びを入れたい

 違いを出してモテたい(笑)


そう考えたイタリア人が
『毒を入れ』覚醒させたのが
ナポリ仕立てのスーツです



◆人件費の安いナポリ



そして最後に
ナポリでスーツ文化が
花開いた要因が
『人件費』の安さ

ミラノを代表する
北イタリアと比べると
物価もそして人件費も
安い南イタリア


 人件費が安いからこそ
 手間と時間のかかる
 『手縫い』
 を可能にしたのです



◆私のコンプレックス



私の大きなコンプレックス
『なで肩』
を解消してくれたのも
このナポリ仕立てのスーツ


1998年に生まれて初めて
スーツを仕立てた時に
コンプレックスの『なで肩』が

 信じられないほどの
 美しいシルエット

になっている事に驚きました

写真 2016-09-09 14 58 45

何が起こったのか理解出来ず
何故なのか?と聞くと


 ナポリ仕立てのスーツは
 肩のシルエットが特徴的で
 『なで肩の方が』似合う


と衝撃的な事実を
職人さんは教えてくれたのです



◆サルトとは?



仕立て屋の事を


 英語で
 『tailor』テイラー

 イタリア語で
 『sarto』サルト


イルサルトのサルトは
このsartoの意味です

ナポリにはサルトが沢山あり
それぞれのスタイルを
明確に持っています



◆ナポリのサルトとは?



日本の様に
『お客様の要望を聞く』
のではなく

お客様が
『サルトのスタイルに合わせる』
イメージです


DSC_1375

カンタンに言うと
サルトのスタイルに少しでも
合わない物を要望すると


うちではやらない
他に行ってくれ!


と言われるのが
ナポリのサルトなのです



◆イルサルトのスーツとは?



とは言えイタリアと日本は
体格や習慣など
様々な違いがあります

そのまま持ってくると
日本にはそぐわないことも
沢山あります

そこでイルサルトでは


 ナポリ仕立てのスーツを
 『最も精度高く』再現出来る
 日本の工房と職人さん


 日本人の体型に合う様
 調整を重ね完成した
 『サイズ感やシルエット』


34559892_1754163804662737_9057762281219162112_n
でお仕立てさせて頂いています



◆イルサルトの工房



この工房と職人さんは
『私のコンプレックス』を
1998年に払拭して下さった
『匠の技を持つ』方々


あのシルエットが忘れられず
創業時からこの工房にて
仕立てたかったのですが


※敷居の高い工房であること
※起業直後で私の信用不足


の理由から残念ながら
お取引が出来ませんでした


DSC_2350

少しずつ実績信用を積み重ね
数年前からお取引が始まり
今ではお互いに大切だと思う
関係性が出来上がりました



◆イルサルトの夢



『本場の』ナポリ仕立てスーツ
ナポリに出張に来て
素晴らしさを実感しています


同時に実感するのが
イルサルトのスーツも
『全然負けていない!』


ナポリ生まれ
日本育ち


のイルサルトのスーツを
世界中の紳士がまとう!

そんな風になっていける様
頑張っていきたいと思います!
The following two tabs change content below.
末廣 徳司
日本で唯一の 経営者専門スーツ仕立て屋  ”経営者のスーツとは  企業ブランドを作り上げる  最強のメディアである”  と言う信念の元,2009年2月21日イルサルトを立ち上げる。 中小企業経営者,士業,コンサルタント,講演家,FP,政治家,芸能人など”経営者自身及び 企業のブランド化が 業績に直結する業種" を対象に創業9年間で延べ12,000人を超える経営者のブランド作りのお手伝いをしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

写真 2015-10-09 12 32 49

ジャケットの一番下のボタンは必ず外す!

スーツを着こなす上で大切な事を1個だけ挙げてください! そう言われたらボクなら ”一番下のボ

記事を読む

ファイル 2016-07-17 10 46 07

松岡良修さん,矢田憲一さん,平康慶浩さん

三連休最終日いかがお過ごしでしたか??私は土曜は鈴鹿サーキット,そして日曜はバーベキュー,そして昨日

記事を読む

ファイル 2016-07-17 10 46 07

ご存知ですか?ジャケットのどのボタンを留めるのかもルールがある事を

スーツのデザインには1つボタン,2つボタン,3つボタン,ダブルなどのデザインがあります。フロントボタ

記事を読む

images

イルサルト様『ボルダリング』を驚くほど低価格で設置しませんか?

vol.4756 こんにちは! 日本で唯一の 経営者専門ス

記事を読む

bag

ショルダーバッグやリュックをスーツに合わせない方が良い理由

ショルダーバッグ,リュックはスーツに合わせない 町を行くビジネスマンを見ていると意外に使っている方

記事を読む

イルサルトオフィシャルサイト

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • instagram
  • wear
  • feedly
  • livedoor
  • rss
PAGE TOP ↑