荒木空調工業株式会社 荒木心 代表取締役

arakiもともとスーツに関する知識もほぼなく、現場での仕事も多い為スーツを着る習慣もあまり多くはありませんでした。仕事中はほぼ作業服でしたので、スーツそのものの必要性すらあまりなかったのかもしれませんね。ですので、どんなものを選べばいいのか?どんなお店で買えば良いのか?自分にはどんなものが相応しいのか?など分からない事だらけでした。

スーツに対して何が分からないのか?どんなことに困っているのか?すらも全く考えた事もありませんでした。ましてや、どんな印象を与えたいのか?なんて考えた事すらなく、当時の服を選ぶ基準は“着ていてとにかくラクなもの”でした。今から振り返ると、考えられない位ダボダボの大きなサイズを着ていましたね。

イルサルトにお願いしようと思ったきっかけは、ラブシンヤの新谷さんを通じて末廣さんとのご縁を頂いた事でした。私の人生でこれほどまでにスーツのプロフェッショナルな方とお会いすることもありませんでした。

「服を売る」というより、「その人がどんな人か」をまず理解し、その人の価値を上げるにはどうしたら良いのか?を考えている末廣さんにプロフェッショナルを感じましたね。スーツと言う商品を買うだけならほかのお店でも買えますが、イルサルトさんはちゃんと私という人間を理解してくれ、その上で私をスーツという媒体を通じてブランド化してくれています。

とは言え、最初は今ほどジャストなサイズ感ではなかったのです。“人にも服にも縛られるのが嫌なので、出来るだけゆったりしたサイズで作ってください”と末廣さんにお願いをしていました。しかし、数年前から加圧トレーニングを始め、身体が引き締めてからはより身体にフィットしたものを纏いたいと思うように変わりました。体型維持をする上でも、ジャストサイズで着た方が良いと末廣さんに教えて頂き、サイズ感をがらりと変えてもらいました。実際に、ジャストサイズを着るようになってからは、体型維持をする事が出来ています。

イルサルトのスーツを着るようになってから、人に与える印象がガラっと変わりました。それはとてもて実感しています。スーツそのものに対して何の不安もないわけですから、それは逆に自信になりますからね。自分とスーツは連動していて、自己プロデュースの一部だと思っています。

イルサルトスーツを着た瞬間から《それどこのスーツ?》《オーダーですかそれ?》《なんだかとてもシュッとしていますね》《そのスーツは荒木さんじゃないと着る事が出来ないね》などのお褒めの言葉を沢山頂き、自分の存在感が増している事を感じられる様になりました。私という人間や、私が話すこと、立ち居振る舞いと、スーツを始めとする外見が連動出来るようになって、より私が話す事の説得力が高まっているのを実感しています。