トップへ
ブログロゴ

コロナで大変な時こそノーベル化学賞吉野彰さんの言葉を思い出そう!

vol.5231


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』


一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆吉野彰さんの言葉

コロナのニュースが流れ
世の中に元気がありません

停滞ムードが流れていますが
昨年リチウム電池の発明で
ノーベル化学賞を
受賞された吉野彰さんの
会見を思い出しました

仰っていたことが
こんなことでした

 大変な状況の時でも

 何とかなるわいな

 という柔らかさが必要

これは意外すぎました


研究に研究を重ね
結果をだすことに
執念を燃やすのが研究者


そんなイメージでしたので
吉野さんを身近に感じられる
また今の状況にピッタリな
言葉だと思うのです

◆研究に必要なもの

偉大な発明を成し遂げた吉野さん

研究者に必要なものは?
と聞かれ

「執着心」

「柔軟性」

の2つを挙げています

硬いばかりでは
めげちゃうし

柔らかいばかりでは
前に進まない



だから両方が大事!

ある意味少し能天気
とも思える考え方から
世界を変えた発明が生まれた

そう考えると
すごく勇気をもらえます!

困難にめげそうな時こそ
力みすぎない吉野さん精神が
大事なのかもしれません

◆困難に直面したとき

困難に直面し力む

そうすると余計に
結果がついてこない

でもやり遂げると言う
覚悟もないといけない


自分を振り返ると
適度に緊張感を持ちながら
力み過ぎていない状態


が最も成果に繋がった
気がします

力む力まないの違いは
行動の原点にあるのでは?
と思うのです


力むときの原点は
恐れや恐怖

こうなるのが嫌だ!
こうすべきだ!
というもの

力まない時の原点は
愛や楽しさ

誰かのために!とか
単純に楽しい!とか

吉野さんの話で言えば


力む→執着心

力まない→柔軟性



この2つのバランスを
とる事が大事なのでは
と感じます


今は日本だけでなく
世界中が大変な時期ですが
力み過ぎず恐れすぎず
出来る事を行い
コロナを乗り越えましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive