トップへ
ブログロゴ

NHKを見ていてコロナよりも気になったこと

vol.5239



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋







今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆コロナより気になるもの

普段あまりテレビを見ない私

コロナニュースも見過ぎると
心が乱れてしまうので
最低限にとどめています




NHKを見ていた時
コロナよりも気になったのが
有馬嘉男キャスターの装い!




この難しい色のスーツを
見事に着こなされ
自分のものにされています(^^♪

NHK ウエブサイトより

ただこちらの写真
惜しいのがボタン・・・



立っている時には
ボタンを留める



これが着こなしルール
これだけで印象が
まったく違ってきますので
気をつけて下さいね!

◆服を着こなす方とは?

有馬さんのように
難しいスーツでも
見事に着こなす方

なかなか
着こなせない方


この2つの違いは
何なのでしょうか?


これはずばり
『経験値 』






色々な服を着てきた方は
経験値が高いため
服を着こなす事が出来ます

しかし
経験値が低い方は
服に着られている様に見える

白洲次郎さんの見事な着こなし

新入社員が
スーツに着られて見えるのは
経験値が低いからです

しかしビジネスマンとして
スーツを日々着ていく中で
着こなせるようになるのです




経験値を積ませる




この重要さが意識されている
イギリスやイタリアでは
幼少の頃から服の着方を
徹底的に叩き込まれます

男の子が分別つくくらい
大きくなったらまずは
『紺のジャケット』
を仕立てるのが西洋



場所や目的に
相応しい装いや所作を
親が責任もって教えるのです



そして子どもも
経験値を積み
着こなすようになるのです

◆スタイルを創ろう!

なんでもそうですが
すぐに上手くなることは
なかなかありません


服の着方も同じ


練習を重ねることで
どんどん上手くなり
自分のものになるのです

なんとなく着るのでなく
意識して身嗜みを整え
経営者は自分のスタイルを
創っていきましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive