トップへ
ブログロゴ

唯一ユッキーナから学べること

vol. 5329   




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆木下優樹菜さん引退

木下優樹菜さんが昨日
芸能界引退されましたね

何があったのか?
は詳しく知りませんが
事務所総出でつぶされた

そんな感じなんですかね??

スポニチアネックスより

ブランド創りの専門家
という視点で捉えてみると
木下さんを作っているのは

タピオカ×恫喝×元ヤン

この3つの掛けあわせが
木下優樹菜さんブランドを
作っています

だいたい3つくらい
掛け合わせることで
ブランドが出来上がるのです



ここでいうブランドとは記憶
記憶とは「覚えられかた」


どのように
人の記憶に残っているのか?


ブランドとは人の認識なので
どう覚えてもらうのか? 
がすごく大事なのです

◆ブランドとは?

人でも物でも
色々な印象を持っています

それこそがブランド

ルイヴィトンだったら
「高級×財布×モノグラム 」

渡部建さんだったら
「トイレ×不倫×佐々木希」

良い場合も悪い場合も
どのように記憶に残るか?
がブランド






 ブランドの語源は
 自分の牛と他人の牛を
 区別する為につけた刻印

 つまりは
 他人(他社)との違い






そしてブランドを作る場合は
〇 × 〇 × 〇のように
3つの要素を掛け合わせると
唯一無二になるのです

◆ブランドのつくりかた

そしてブランドとは
偶然出来るものではなく
意識して作り育てるもの


なにを独自性にして
ブランドを作るのかは?
意識して進めるものです

イルサルトの場合は



スーツ×経営者×ブランド作り

スーツを通して
企業や経営者ブランドを作る
のがイルサルトブランドです

〇 × 〇 × 〇 と
掛け合わせていくときに


趣味

仕事
好きなこと
専門性
地域
顧客層



こうしたことを考えると
ブランドが作りやすい

◆記憶に残る存在になろう!

たとえば美容院

全国にいまなんと
230,000件あるらしいです。。

すごい競争ですよね。。
なにかブランドを作り
記憶に残さないと残れない

さきほどの


 趣味

 仕事
 好きなこと
 専門性
 地域
 顧客層



で考えていくと・・・・

専門性:白髪染め
地域:岡山
顧客層:50歳以上女性

とすると
唯一無二の存在になれる

今は引退されましたが
タクシー運転手でブランド化
した方もいました

仕事:タクシー運転手
好きなこと:JAZZ
専門性:エンターテインメント

A地点からB地点まで
移動するのがタクシーですが
JAZZタクシーは移動ではなく
エンターテインメントです

◆長く愛されるブランド作り

木下優樹菜さんは
引退されましたが
人の記憶には

タピオカ×恫喝×元ヤン

と残ります
これはなかなか覆せない

ベッキーさんが今だに
文春×不倫×ゲスの極み
と記憶されているのと同じ




逆にいえば
ブランドを作り育てたら
その記憶は忘れられません

時間と愛情を注ぎこみ
長く愛されるブランドを
作っていきましょう!!!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive