トップへ
ブログロゴ

出来る経営者は、車にハンガーを置いている

vol. 5449   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆スーツの要

週に1.2度車で出勤しますが
基本的には電車で出勤

会社までは約1時間

出勤中は音楽を聞くか
キンドルを読むかで
通勤時間を使っています

仕事柄
通勤中のビジネスマンに
すごく目がいきます



どんなネクタイをするのか?
シャツは何色?
靴は磨いているのかな?



色々なところを見ますが
まず最初に見るのが
スーツの肩



 肩はスーツの要

 長さ、角度と言った
 肩の形状がスーツを決める
 と言ってもいいくらい
 大切な箇所です

私も採寸する時に
最初に決めるのが肩

肩の幅、角度、厚み

を決めないと
ほかが決められません
それくらい重要な部分です

◆スーツは肩で着る

でもこの肩の大切さを
分かっている人は
ほとんどいません

スーツは肩で着るのを
知る人は少ない

だからショルダーバッグや
リュックサックを
平気で使ってしまうのです

ショルダーバッグや
リュックサックは
両手が空くので
確かにすごくベンリです






 でも肩からかけることで
 肩に大きな負担をかけ
 型崩れを起こします

 型崩れとは文字とおり
 スーツの型が崩れること
 肩のラインがよれよれに
 なってしまうのです

 型崩れは厄介で
 1度なってしまうと
 元に戻すことが不可能






だから絶対に肩部分に
負担をかけてはいけません

◆クルマ通勤で注意すること

自分は車通勤だから大丈夫!

そう思っている方も
油断をしないでください!

車でも同じことが起こります

シートベルトです

ジャケットを着たまま
シートベルトをするのは
ショルダーバッグを
肩からかけるのと同じ状態

しかもジャケット全体が
シワだらけになります

 車に乗るまえに
 外でジャケットを脱ぎ
 車に置いていたハンガー
 に掛けてから乗る

 車を降りるときは
 まず降りてから
 外でジャケットを着る



こうすることで
所作が美しくなるうえに
型崩れも起きません

助手席にハンガーをかけると
後ろが見えづらくなるので
運転席の後ろの席に
ハンガーをかけるのがベスト

車には必ずハンガーを置き
脱いで運転しましょう!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive