トップへ
ブログロゴ

スーツが早く傷む人に共通している事

スーツが早く傷む人の共通点

イルサルトでスーツを購入していただいてから同じくらいの時間しか経っていないのに人によって状況が全く違う事にビックリする事があります。お仕立てを頂いてから半年くらいはさほど差がないのですが、一年後くらいから徐々に差が出始め二年経つ頃には全くの別物になっている。それくらい差があることを今まで沢山見てきました。

しかし色々お話を聞いているとスーツが早く傷む人には共通点がある事が分かってきました。まず一つめが何日にも渡って連続で着用する方です、スーツの原料となる羊毛には”シワの復元性”と言う性質があります。カンタンに言うとシワになったとしても掘っておけばしのシワが自然となくなっていくのです。

ですので1日着たら2.3日休ませてあげる事によってシワはなくなります。これはシワだけでなく湿気や汗のニオイ等も同様です。しかしこの休ませる期間がないと、シワの上にシワがどんどん入っていくので暫くすると段々としわが取れにくくなり、最後にはシワだらけのスーツになってしまうのです。

そしてもう一つはこんな方

d6

sub_z

パンツのポケットやジャケットの内ポケットに財布や携帯を常に入れている方がいますが、スーツの傷みを考えるとすぐにやめられる事をオススメします。

というのも、この様に物を入れれば入れるほど空気の循環がしなくなり蒸れやすくなる上スーツが型くずれしてしやすくなってしまいます。基本的にジャケットの内ポケットやパンツのポケットは物を多く入れることを想定されて作られていないんです。

物を入れれば入れるほど型は崩れやすくなりますのでパンツのポケットにはハンカチのみジャケットの内ポケットには名刺入れのみ入れるようにすると変な型くずれも防ぐ事が出来ます。この型くずれと言うのは本当に厄介で一度崩れてしまうと二度と基に戻すことが出来ません。

破れたら縫えば元に戻ります、汚れたら洗えば綺麗になります。しかしこの型くずれは一度なってしまうと元に戻す事が出来ないのです。他にもスーツが早く傷む方の特徴はあるのですが、まずはこの2つをしないように意識をしてみてください!それだけでスーツの寿命は驚くほど伸ばすことが出来ますよ!

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive