トップへ
ブログロゴ

はるか昔の日本人が教えてくれる”経営者の服選びの本質”





vol.4782  




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います






◆慣習の違い






今日は1月7日
今日が仕事始めの方も
多いのではないでしょうか?

イルサルトも
今日から2019年スタート!
本年もどうぞよろしく
お願いいたします!



年越しは妻の実家 上越で
三が日は私の実家 奈良で
ゆっくりと過ごしました


49143084_2045212078891240_2789336063364038656_n
↑↑↑
具だくさん 新潟のお雑煮




大晦日に年越しを祝う新潟
元旦に新年を祝う奈良


慣習が違うお陰で
お正月を2度楽しめる私は
すごくラッキーですね(^^♪






◆お正月の慣習






日本のお正月の慣習と言えば
おせち料理

年の始まりに食する
おせち料理は色々な意味が
込められています



写真 2019-01-01 17 29 25


 鯛の姿焼きは
 ”めでたい”にかけたもの


 海老は
 腰が曲がるまで
 長寿でいられるように


 蓮根は
 先々の見通しが良くなるように


 煮蛤は
 左右の貝がピッタリ合うのは
 一つしかないことから
 夫婦円満を象徴する縁起物



など
目に見えない色々な思いが
込められたものなのです






◆日本人のDNAとは?






『目に見えないものを信じる』


そんな心を持っているのが
日本人の素晴らしいところ

これは食べる物だけではなく
着るものも全く同じ


遥か昔から
『衣に魂を込めてきた』
のが日本人なのです






◆日本人の衣装文化






柔道,弓道,茶道,剣道など
古からの武道,華道界では


装うことにより
より精神力が高める


と言う『衣装文化』を
大切にしてきました



x110.jpg.pagespeed.ic.7xsgMUbRfe


 感覚を研ぎ澄ませる為には
 衣服は必要不可欠なもの

 精神と衣服を繋げ
 精神力を高めているのです




自害するときに
わざわざ白に着替えたのは
日本人だけです






◆装いの持つ精神性







精神と衣服を繋げる


日本人が大切にしてきた
この想いが少し変化し



 ファッション
 =お洒落

 着る
 =人様に恥ずかしくない格好



と言う概念が浸透しています



img_main_02



これは

『装いの持つ精神性』
 を学ぶ機会がなかった

のが最も大きな要因です






◆食を選択する力






”食育”
と言う言葉があります



食育とは




 様々な経験を通じて

 「食」に関する知識と
 「食」を選択する力を習得し

 健全な食生活を
 実践できる人を育てること



kyattifure-zu




中でも
私が大切と感じるのは
『食を選択する力』


自分にとって
何を食べるのが応しいのか?

を自ら選ぶ力の大切さです






◆服育






この『食』の部分は
そのまま『服』に
置き換えられます




 様々な経験を通じて

 「服」に関する知識と
 「服」を選択する力を習得し

 健全な服生活を
 実践できる人を育てること




これこそが服育


fukuiku_title_img



服育を進めることで
日本人が本来備えている


精神と衣服を繋げる


ことがまた可能になるのです






◆経営者の服育






経営者にとって仕事場とは
武道や華道における求道の場
と全く同じ

仕事道を求道する場なのです




装うことにより
より精神力が高める


このことを意識することで
より深い仕事をする事が
可能になるのです




2017 (2)




装いの持つ
精神性を伝えきる



1人でも多くの経営者の
お役にたてるよう
今年もしっかり仕事を
したいと思います

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive