トップへ
ブログロゴ

マセラティには経営者の装いのヒントが隠されている







vol.4860



こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



装いを通し
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆アバルト595







先週末は息子と車の試乗に
西宮の八光自動車さんに
行ってきました


試乗してきたのは
アバルト595


abaruto


 フィアット500をベースに
 アバルトが改良した車

 小さいながらも
 きびきびとした走りに
 運転の楽しさを実感できる
 楽しい時間でした!





ただこの車
私が欲しいのが左のMT
オートマ限定の妻の
冷たい目線が眼に浮かびます。。







◆私の愛車遍歴







イタリアが大好きな私ですが
何故かイタリア車には
今まで縁が無いのです。。。




 初めて買った車が
 オペルアストラ


operu



 次に乗ったのが
 VWゴルフ


goruhu


 そして次に
 プジョー206カブリオレ



SONY DSC


 父の会社で働いている時は
 距離を走るのでプリウス


puriusu


 創業して暫くしてからは
 BMW X1



BMW






◆乗りたいイタリア車







と今までの愛車遍歴は
ドイツ車が中心ですが
私が乗りたいイタリア車
が今の所4台あります





 まずはいつか乗りたい
 マセラティグランツーリズモ


mase



 小さな高級車
 ランチアデルタ

delta_00_01-thumb




 ロングノーズが特徴的な
 アバルト124スパイダー


124



 イチローさんも乗っている
 アバルト595

abaruto








◆イタリア車の魅力







イタリア車の魅力は
何と言ってもその
唯一無二のデザイン性


パッと見た時に
どこの車なのかが
瞬時に分かるくらい
違いがはっきりしています




写真11






 経営者が装いを考える上で
 この『瞬時に識別できる』こと
 は何より大切なことです

 大勢いても埋もれない
 際立つ存在感を発すること





そうすることで
より記憶に残りやすく
そして選ばれやすい存在に
なっていくのです







◆価値が伝わる装い







直ぐ識別できる装いと言うと
派手なものを想像しがちですが
そういう意味ではありません

大切なのは



自分の価値が
最も伝わる装い



似合う似合わないではなく
価値が伝わっているのか?を
基準に考える事が重要です





無題



その為にはまず
明確な志を持つ事


想いを明確に持ち
装いでもその価値を伝える
お客様を紹介させて下さい!







◆有美商会 渡辺勝巳さん







島根県でアルソア化粧品の
販売店を経営される渡辺さん

全ての土台となる企業理念は 




  有美商会は
  人が幸せになる会社 




人とは自分家族同僚など
縁ある全ての人のこと

幸せの定義は
物心両面で豊かになること







◆美の有る会社







『美が有る』
この会社名の通り


美と健康に関しては
有美商会に行けば間違いない
と言って頂けるお店を目指し



 
 笑顔と感動溢れる
 美の健康の地域一番店



 
を企業ビジョンに
掲げられています



img00
↑↑↑
アルソア化粧品の看板商品
黒い石鹸







◆渡辺さんの仕事の本質







明確な目標を持ち
日々の行動に落とし込み
実践し続ける
 
そんな渡辺さんの印象を
言葉に変えると



 
  温厚,柔軟,温和
  堅実,温情,優美
  知性,大人の余裕



 
仕事を通して
渡辺さんがなさっているのは
『人創り』なのです



 



◆キャッチコピーを決める







そこで
価値の伝わるキャッチコピーを
 



  願望を現実に変える
  ステージを創り出し
  物心両面の幸せを実現する
  モチベーター



 
とご提案させて頂き


 

渡辺勝己さん2




 美を扱うセンスや 
 経営者としての
 格を感じさせる
 茶色のスリーピース
 
 渡辺さんのアイコンとすべく
 幸せや大人の余裕を感じさせる 
 ブラウンのネクタイ



を合わせ
装いが完成しました







◆想いを視覚化する







文章の中には
似合うという表現はありません





 似合う似合わないとは
 人により判断が異なるので
 非常に曖昧なものです

 そうした曖昧なものに
 判断基準を置いてしまうと
 自分像の確立が出来ません





大切なことは
想いを装いで視覚化すること



高橋紀久さん8
↑↑↑
同じくアルソア化粧品の
販売店を経営される高橋さん





その為にはまず
何を成し遂げたいのか?と言う
熱い想いをもつことです

その想いを纏い
まるでイタリア車のような
際立つ存在感を放つ
経営者になりましょう!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive