トップへ
ブログロゴ

顧客像をたった1人まで絞るとその人しか来なくなるのか?




vol.4928




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆お受験服大人気!








お受験服が大人気!

口コミだけで
年間1,000着以上の売上!








 子供の受験の際に 
 お母さんが着ていく服



 立って美しく見える
 座って美しく見える




面接用の服として
大人気のようです!








◆買う理由が明確








この記事を読んで
まず最初に思ったのは



 買う理由が
 はっきりしていること





20190601-00010002-nikkeisty-000-2-view



 面接に行くお母さんが
 きちんと見えるように
 設計デザインがされている

 ファッション性ではなく
 信頼感を感じさせる服

 口コミだけで
 年間1000着以上の販売実績





選ばれる理由が
はっきりとしているのです








◆誰に選ばれたいですか?








選ばれる理由を
はっきりさせるためには

誰に選ばれたいのか?

を明確にする必要があります







 若く見せたいお母さん

 細く見せたいお母さん

 面接に受かりたいお母さん







色々いるお母さんの中で
その中でも誰なのか?を
まず明確に持つことが
非常に大切です








◆イルサルトが選ばれたい人








イルサルトの場合は
中小企業経営者




会社の顔として 
揺るぎない自信や軸を 
創り上げたい




そんな方に装いを通して
会社の顔に相応しい経営者
を作るのがイルサルトの役割



6-10




スーツを売ることが
仕事ではありません








◆絞る事への恐怖心







お客様を絞り過ぎると
その方しか来なくなるから
怖くて絞れない

そんな声も聞きますが
心配は不要です





 誰のお役に立ちたいのか?
 と言うターゲット

 実際に購入に繋がる
 マーケット

 この2つは
 全然違うものだからです





イルサルトの場合で言うと
実際に購入をされるのは
中小企業経営者と限りません




簗瀬さん8



 上場企業経営者
 弁護士
 税理士
 司法書士
 個人事業主
 タレント
 政治家
 スポーツ選手
 サラリーマン
 学校の先生




色々な方がイルサルトに
お越しになっています







◆強いメッセージを持つ









誰に選ばれたいのか?を
まずは明確に持つ

そしてその方に向けた
強いメッセージを発信する


そうすると結果的には
その強いメッセージは
色々な方に刺さるのです





117835-1-324x300 (1)



 『面接に受かるお受験服』
 と言う強いメッセージは




  就職活動中の学生
 
  転職を考えているOL



 にも刺さる可能性が
 十分にあるのです








◆顧客像を絞る







誰に向けたメッセージなのか?
がはっきりしないと
誰にも刺さる事はありません 




 たった一人に向けた
 強いメッセージは
 結果的に多くの人に
 刺さるのです



 特に中小企業の場合は
 浅く広い顧客像でなく
 深く狭い顧客像を持つ事が
 非常に重要




ターゲットとマーケットは
全く別のものです

中小企業経営者の皆さん
勇気をもって絞りましょう!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive