トップへ
ブログロゴ

中小企業経営者は『規模と関係性』の整合性を意識しよう!










vol.5030




こんにちは!

『日本で唯一の』
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います










◆名店 伊勢鮨











2日間の小樽出張も無事終わり
通常営業を再開いたしました!

小樽2日目の夜
連れて行って頂いたのが
名店『伊勢鮨』



伊勢鮨





絶品のお寿司に感動・・・



 お寿司の美味しさは勿論
 常連しか入る事が出来ない
 大将専用の6名テーブル

 その6名のお客様に
 その日の旬のネタを
 大将自らが握ってくれる



とっても贅沢な時間を
過ごさせて頂きました!










◆大将の夢










今やミシュランガイドに
掲載される名店の伊勢鮨さん


二カ月先まで
昼も夜も予約で埋まっている


そんな状態のようです





69717471_2451044871641290_769076566511583232_o




 大将が将来したいのは
 奥様と2人で切り盛りする
 小さなお店

 お馴染みのお客さまと
 ワイワイ話しながら過ごす
 楽しい時間




そんな事を考えている
大将の気持ちが私にも
よく分かります










◆規模と関係性










規模を追うとどうしても
お客さまとの関係性が
薄くなってしまいます




 規模とこの関係性の
 整合性を如何に取るか?




ここが非常に重要です




 中小企業が選ばれる理由は
 人しかありません

 お客さまとの関係性こそが
 中小企業の宝物なのです




そう言う意味で
伊勢鮨の大将の気持ちが
よく分かるのです










◆豊かな関係性創り










いくら頑張っても
1万人のお客さまと
楽しい関係性を創るのは
なかなか難しい



お互いがお互いを尊敬し
必要としあえる関係



私が創りたいのは
そんな関係性



10周年パーティ




そういう視点で考えると
イルサルトの商売では
300名位なのではと思います



顔が見え
気心のしれた
友達のような関係



お客さまとそんな関係を
作る事が出来たら
すごく幸せですね!










◆ベクトルを相手に向ける










仕事をしていると
色々な事が起こります

正直揺れる事も多い




 そんなとき
 常に考えないといけないのは
 『相手の為になっているか?』


 ベクトルが
 自分に向いている間は
 なかなか上手くいきません

 でもそのベクトルが
 相手の方に向くと
 共感が生まれるのです




1-4



 お客さまの為に
 何が出来るのか?

 どうしたら
 喜んでもらえるのか?



ここをしっかりと考え
お互い必要と思える関係性を
創っていきたいと思います
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive