トップへ
ブログロゴ

本物を見極める2つのコツ











vol.5081




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です




 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋




今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!










◆切れてる!!!










先日衝撃的な事実を知りました!

生地屋さんに
教えて頂いたのですが




 カシミアを着るのに
 ハサミは要らない!





面白い話を聞くと
すぐにやってみたくなるのが
私の性格

試しにサロンでやってみると









 切れてるう~~~~

 すげーーー




 ※
 ただし
 カシミア100に限ります




自分の持っているのは
本物のカシミア100なのか?

不安な方は
試してみて下さい(^^♪










◆見極める目を持つ










本物のカシミア100かどうか?
を見分ける方法のように


見極める目をもつ


これは非常に重要です





会社経営をしていると
人に会う機会がとにかく多く
様々なお話に遭遇します

まだ10年ほどしか
会社経営をしていない私でも
今までに色々なお話を
持ってこられました










◆見極めポイント










 もうけ話

 コラボレーションの話

 さまざまな営業





本当にたくさんあって
思い出せないくらい(笑)

いちいち相手していると
時間がもったいないのですが
大切なのは『見極める目』
を持つこと

私の見極めポイントは
たった2つです




76616536_2549236695155440_4115382528532021248_o




それは




 簡潔なのか?

 実績があるのか?




これだけです










◆簡潔と実績










 説明するときに
 回りくどく長いのは
 自信がない証拠




自信がある人は
話が簡潔にまとまり
非常に分かり易いのです

だから簡潔なのか?は
非常に重要です







そしてもう1つ
実績があるのかどうか?




 いくら良い話でも
 実績がないということは
 必要とされていない証拠




世の中に必要なものであれば
絶対実績に繋がるのです











◆イルサルトは??










この2つは
自分の仕事にそのまま
当てはめられます

自分の仕事を
人に説明をする際に





 ※ 簡潔なのか?

 ※ 実績があるのか?





この2つを意識してみる




ご提案の流れ





 これが出来ていなければ
 まだそのサービスは
 改良点が沢山あると言うこと

 ちなみにイルサルトは
 改良点しかありません(汗)




難しく考えるのではなく
単純ななかにヒントがある!

イルサルトのサービスを
進化させていきます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive