トップへ
ブログロゴ

経営者には是非知っておいて欲しい雨の日の装い術

vol.5208
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です




『主役スーツ』


一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆雨の大阪

雨の1日
今日の大阪は1日中
雨のようですね・・・

気分の上がり下がりが
あまりない私ですが
雨の日はテンション↓です

何故なら
大切な服が汚れてしまう
からなのです・・・

雨の日の服は困りますね。。

どの程度の雨なのか?
にもよりますが強い雨の場合
は色々と注意が必要です


強い雨の場合は



※ 汚れ
※ 滑り
※ パンツのクリース(折れ線)


この3つに注意して下さい!



車移動の場合は
これらは大丈夫ですが
電車移動の場合は
気を付けてください!

◆汚れ

汚れとは
雨に濡れシミが出来たり
パンツの裾が汚れること


これらを防ぐ為には
濃い色の服を着ることが
最も効果的です

薄い色であれば
目立つ汚れででも
濃い色であれば
さほど目立ちません

雨によるシミは
強くたたくと
余計にとれなくなります

乾いた布で軽く叩くと
時間が経てば綺麗になります




また汚れはほっておくと
取れにくくなりますので
すぐにクリーニング屋さんで
染み抜きをしてください!

◆滑り

濡れたアスファルトは
滑りやすく非常に危険です


滑って怪我する事もあるので
雨の日は滑りにくい
裏がゴムの靴を履きましょう!


又服と同様
雨に濡れるとシミになるので
出来るだけ濃い色の靴を
雨の日は履くようにして下さい!

◆パンツのクリース(折れ線)

雨に濡れると
パンツのクリース(折れ線)が
取れやすくなります

クリースのないパンツほど
だらしなく見えるものは
ありません




雨に濡れている時は
クリースが取れやすい状態
になっていますので


※ タオルで軽くふく

※ 足を組まない

※ 出来るだけ座らない




この3つをしてみて下さい!

◆クリースステッチ

クリースステッチと言う
絶対に折り目が取れない方法
があります


クリース(折り目)に沿って
この部分に特殊なミシンで
ステッチを入れる方法です


これなら『絶対に』
折れ目が消える事はありません
(オプション料金8,980円)

◆スーツが濡れてしまったら

濡れてしまったスーツの
対処方法を最後に書きますね

雨に濡れたスーツは
まず湿気を抜くために




クローゼットに入れず
2.3日陰干し

湿気が抜けてから
クローゼットに入れる

陰干しの理想は3日間





3日間干す事で
湿気とニオイが
自然と抜けていきます!

時間が経つと
シワも自然と取れますので
連続の着用だけは
避けるようにして下さい!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive