トップへ
ブログロゴ

経営者の使うコトバが会社の将来を決める!

vol. 5291   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆自分の中に毒を持て

いま読んでいるのが
こちらの本



のっけから激しく
揺さぶられています・・・

常識人間をすてろ!

ダメになる方
マイナスの道をえらべ!

いのちを賭けて
運命と対決しろ!

強いコトバのオンパレード
きみは一体何者なんだ?
を問われています

◆美しく稼ぐ経営者

イルサルトにお越しになる
「美しく稼ぐ経営者 」 に
共通していることがあります






 この「美しく稼ぐ 」 とは
 単なるお金儲けでありません

 仕事とは
 お金儲けの手段ではなく
 自分の存在意義そのもの

 矜持、使命感、覚悟を持ち
 情熱的に仕事をおこない
 結果として稼いでいる

 こんな方を見ていて
 「美しく稼ぐ」
 という言葉を思いつきました






美しく稼ぐ経営者は例外なく
「強いコトバ 」 を持っています

◆強いコトバとは?

強いコトバとは


※ 記憶に残り忘れられない

※ オリジナルの言葉

※ その人にしかできない表現




そういう強い言葉は
人を動かすのです

有名なところでいえば

 これは私の勝利ではない
 あなたの勝利だ
 (バラクオバマ元大統領)


 人生は
 クローズアップで見れば悲劇
 ロングショットで見れば喜劇
 (チャールズチャップリン)


 敵と戦く時間は短い
 自分との戦いこそが
 明暗を分ける
 (王貞治)

人を動かすコトバを
持っているのは
リーダーの条件なのです

◆強いコトバを持つために

どうしたら強いコトバを
もてるのですか?
と聞いたことがあります

そうするとそのお客様は

 なんのために
 仕事をしているのか?を
 常に考えること

 どんな使命を持って
 誰のために仕事するのか?を
 常に考えると仕事が深くなる

 仕事に深みがでると
 覚悟がさだまり
 自然と言葉が強くなる

と教えてくれました

弱いコトバよりも
強いコトバの方が伝わります

この強いコトバは
自分に対する自信や
相手の役に立つ自信がないと
使うことができません



使うコトバ=その人自身



なのです

◆経営者のコトバ

冷たいコトバより
優しいコトバ

不快にさせるコトバより
やる気にさせるコトバ



経営者の使うコトバで
会社の雰囲気は決まります




生き方を磨き
コトバを磨く大切さ


岡本太郎さんの
自分の中に毒を持てを読み
そんなことを感じます

私も生き方そして
コトバを磨いていきます



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive