トップへ
ブログロゴ

白洲次郎さんがイルサルトに来たらどんなスーツを薦めるだろう?

vol.5321



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ついに完成!

なかなか納得する事が出来ず
幾度となくサンプルを作り
ついに完成した理想のライン!

襟のカーブと丸みのある肩が
ついに完成しました!!

この形を作りたかったのは
白洲次郎さんを知ったから



たまたまのキッカケで
白洲次郎さんに興味を持ち
白洲さんの本を
片っ端から読み漁りました

美化されている部分は
もちろんあるとは思いますが
生き方に感銘をうけました

プリンシプルを持つ

言うべきことは
相手が誰であっても
はっきり言う

こびない

本当の愛を持って接する

こうした生き方に感銘をうけ
自分もそんな風に生きたいと
強く感じたのです

◆白洲次郎さんの世界観

白洲次郎さんが生きていて
イルサルトに来たとしたら
どんなスーツを薦めるだろう?




そんなことをふと考えました





 自分の生き方を明確に持ち
 ファッションへのこだわりも
 とても強い白洲さん

 白洲さんを納得させるような
 スーツとはどんなものか?

 トレンドにもブランドにも
 まったく響かないはず

白洲さんの生き方を
一言で表現すれば
「プリンシプルな世界観」



プリンシプルとは原理,原則

つまり自分の信条や軸を持ち
それに従い生きる事なのです

◆クラシカルな装い

白洲さんのプリンシプルに
相応しい装いは
やはりクラシックなもの

クラシックを古臭いと
とらえる方もいますが
そうではありません




普遍的で
どんな時代にも輝き続ける
永続性のあるもの

これが
本当のクラシックです

ゴージ位置が高く
ゴージと肩のラインが並行

これが今のスーツの特徴


ゴージとは黄線のところ

襟の幅が広く
衿に存在感があるものが
私の考えるクラシック

そしてさらに
ゴージをカーブさせたい!
と考えました

そんなシルエットであれば
白洲さんも見た瞬間に
「やるな!」 と
思ってくれるはず(^^♪

そして色々と試作を重ね
ようやく理想のシルエットが
完成しました!!!

◆白洲次郎モデル!

そしてこのモデルを
「白洲次郎モデル」
名付けました!

そのままですね(笑)

白洲さんが生きていたら
絶対に満足するこの形

ベストとスラックスも
7月末に完成予定!

完成したら
またこのブログにて
披露させて頂きますね!!!





この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive