トップへ
ブログロゴ

思い出のハミルトンのベルトの色を変えてみた!

思い出の品物って色々あると思うのですが、ボクにとってはこのハミルトンの時計がその一つなんです。

10325418_636369013108894_9183958168875117658_n

所謂高級時計をしてみたいけどなかなか買えない・・かと言ってあまりに安っぽい時計をするのもちょっとなあ~~なんて思っている所に出会ったのがこのハミルトンなんです。

この時計を購入したのは今から20年前の1995年ワールドに入社した年でした。初めてのボーナスでシルバノマッツアと言う54,000円する所謂高級靴を初めて買いました。そしてこの時計を買ったのはその年の初めての冬のボーナス、社会人だし1個くらいはちゃんとした時計を持とうと思って色々雑誌を見て研究し、シップス銀座店で42,000円で購入したのがこのハミルトンです。

欲しいけどなかなか買えない物を買った時の喜びってすごく覚えていませんか??

シルバノマッツアを買ったのはエディフィス渋谷店、このハミルトンはシップス銀座店の地下1階でドキドキしながら買ったのを今でも良く覚えています。デートしたり、営業に行って怒られたり時計を見ると当時の思い出が次々に蘇ってきます。買ってから20年の間何回かベルトを交換したり、表面が割れたこともありましたがその度にお直しをしながら大切に使ってきました。

直近は上の写真の青いベルトをしていたのですが、少し傷んできたので時計のベルトをこんな風に変えてみました!

写真 2015-02-24 14 27 53リザード素材の緑!なかなかステキでしょ!

革をこうやって変えるだけで又新鮮な気持ちで使うことが出来ますね!!女性は色々な小物を使いますが、男性の使う小物の種類は女性に比べてかなり少ない。その少ない小物は手入れをしながら大切に使って欲しい、ボクはそう思っています。特にカバンや靴などの革製品は大切にすればするほど長持ちしますので、ローテーションを守りたまに磨いてあげて下さいね!

それだけでぐーんと長持ちしますよ!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive