トップへ
ブログロゴ

花田優一さんの迷走が他人事とは思えない

vol.5420   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆花田優一さん歌手デビュー!

花田優一さんが
今度は歌手デビュー!!





靴職人
タレント
画家



につづいて
今回は歌手!

今回はどうなるのでしょうか?!

両親ともに有名人
小さい頃から注目され
貴乃花と河野景子の息子
としか見られない





 花田優一さんが
 喉から手が出る程ほしいのは
 貴乃花と河野景子の息子
 以外の自分の存在理由






だから色々な事に手を出し
自分の生きる道を探すのに
必死なのでしょう

そして何かしようとしたら
出来る環境なのもある意味
不幸なのかもしません

それしかないと
集中せざるを得ないですが
ほかにもあったら
なかなか集中は出来ません

◆親への依存

花田優一さんを見ていて
他人事とは思えません

過去の自分と
重なり合うのです

それは「親への依存」

親の会社があるかぎり
末廣さんは自立出来ないね



父の会社で働いていた時に
そんな事を言われました



 お店の運営は任せられ
 仕入れ等はすべて私の仕事
 父の仕事は資金面のみ

 そんな時に言われた一言に
 私は怒りをおぼえました

そんなことはない
私はすでに自立している
と反論しましたが



そのうち分かるよ
分からなかったら
もっとやばいけど




としか
言いませんでした

◆安全地帯での仕事

あれから10年以上経ち
ようやくあの言葉の意味が
分かるようになりました





 私は父の庇護のもと
 安全地帯のなかで
 仕事していたに過ぎない

 ワールドと言う看板から
 父の会社と言う看板に
 看板が変わっただけ

 なにかあったら
 父が守ってくれるという
 甘えを持っていました


 そして色々なことに
 手を出しました

 父が会社からいなくなり
 私が経営出来てはじめて
 自立と言える




今ではそんな風に思うのです

でもこれは二代目の宿命

だから覚悟を持って仕事して
実力をつけるしかないんです





 貴乃花と河野景子の息子の
 花田優一さんではなく

 花田優一さんの両親って
 貴乃花と河野景子らしいよ!




と逆転させることをしたら
自分の存在意義や自信を
強く持つことができて
世間を黙らせられるのです

◆父との比較

後継ぎ時代
何よりもイヤだったのが
父と比べられることでした


お父さんの時は~
お父さんなら~


どこに行っても
何をしていても比較される

最後の方は
顔が似てると言われるだけで
嫌な気分になっていました

花田優一さんも一緒




どこに行っても
何をしていても
親の名前がついてくる

なんで花田家に生まれたんだ!
と幾度となく思ったでしょう

でも生まれたのは宿命
一般の人が経験出来ない事も
色々しているはず




あとは
「花田優一としての実力」
をどうつけるかです

若いし頭もいいし
強烈なDNAがあるので
ぜひ頑張って欲しいです!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive