トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2020年12月9日

新庄剛志さんは中年の希望だ!

vol. 5484  


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆新庄剛志さんトライアウト挑戦!

新庄剛志さんが
15年ぶりの復帰目指して
トライアウトに挑戦!!




そんな記事を目にしました






現役復帰して
プロ野球選手になる!

そんな目標を1年前に表明し
この1年厳しいトレーニング
を続け今回のトライアウトに
臨まれたようです

新庄さんは私と同じ48歳

同じ年齢のかたが
こうして挑戦されるのは
すごく勇気をもらえますね!!

AERA dotより

新庄さんが復帰できるか?
は私にはわかりませんが


夢や目標を公言し
ひたすら努力すること


はすごく大切なのでは?
と思うのです

◆諦める力

為末大さんの
「諦める力」を最近読みました

その中にはこうありました

 私が400mハードルで
 メダルを取れたのは
 100mを諦めたから

 100mの速い選手を見て
 才能の違いを見せつけられた

 でもあのまま
 100mに固執していたら
 400mの才能は開花していない

 人は言う
 諦めなければ夢は叶うと

 でも残念ながらそれは違う
 
 叶う場所で努力をすることが
 なによりも大切

 時には
 諦めるのが正解の時もある

これを読んですごく
深い納得をえました

確かにそのとおり
何でもかんでも努力したら
出来るものでありません


努力しても
出来ないこともある


その才能がないのではなく
他の才能があるだけ
そんな風に思うのです

◆限界まで努力する

でも大事なことは
自分ができる最大の努力
をすること

新庄さんにしても
この1年必死に努力したはず
その結果ダメでも仕方ない
と考えていると思うのです







 一回引退をして
 再度挑戦すると言うのは
 ものすごい覚悟です

 生半可な練習だと
 箸にも棒にもかからないのは
 本人が一番良く分かっている

 茶番だと思われるのも
 シャクでしょうから
 相当追い込んだはず

 すべてを手に入れてから
 また再度挑戦するのは
 強いモチベーションがないと
 難しいと思います

 そこが何かわかりませんが
 それくらい野球を
 愛しているんでしょうね・・・

日刊スポーツより

好きなことに人生を掲げ
再びどこまで通用するかと
好きなことに再挑戦

新庄剛志48歳
憧れる生きかたです

好きに素直に生きよう!
私もそんなことを思います


末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。