トップへ
ブログロゴ

フルオーダースーツの方が良いとは限らない

オーダースーツを扱っているボクが言うのもなんなのですが。。。

オーダースーツの方がいいとは限らないんです。

既製服の事を”吊し”とも呼びますが(お店でオーダーするのではなく吊しているのを買うから、そう呼ばれる事が有ります)、

たまにお客様とお話をしている中で”オレのスーツは吊しでたいした事ないから!”なんておっしゃる方がいるのですが、全然そんな事ないんですよ!

既製服はオーダーの様に直したりする事が出来ないので、その物で勝負をしないといけません。

オーダーの場合は体型に応じて色々修正を出来るのでパターン(形)の完成度は既製服の方が高いと言う事も出来るんです。

もうひとつ分かりやすい例えを言うと、高齢の国会議員さん達のスーツ。

確かに生地は光沢有って高そう、身体にも合っている。でもカッコイイかと言うとかなりビミョーですよね。。。着たいとは思わない。

hatoyama2

身体には色々な特徴があります。猫背の人、運動していてどこかの部分が発達している人、撫で肩の人色々います。

でもその身体の特徴に合わせすぎたら。。。本来の形から離れていくと思いませんか??

少しの整形なら違和感はないですが、整形しすぎた人の顔がどんどん変になっていくのと同じです。

そうなんです、洋服はあまりに身体に合わせすぎるのではなくて、洋服に身体を合わせていくのもすごく大切である程度引き締まっている方が絶対にカッコ良く見えるものなんです。

だからボク自身も鍛えるし、お客様には身体を鍛える事をオススメしています。

その方が健康にもなるし、スーツ姿がより決まる!そしてこれは肉体改造を体験してみて初めて思ったのですが、心の持ちようが変わるんです。

身体が健康になると今までにない位アタマが回り始めます。ボーっとする事がなく、常にアタマがフル回転している。そんな感じなんです。

では何故オーダースーツなのか??

ですので、ボクはお客様のスーツをお仕立てさせて頂く際に補整は最小限にとどめています。

あくまでも元のシルエットを崩さない。

補整をかけ過ぎると変になるので形を崩さない範囲の中で最高にそのお客様をカッコ良く見せる!それが腕の見せ所だと思っています。

補整をかけてキレイにするのは仕立て屋なら誰にでも出来る。

でも出来るだけ補整をかけずに最高にカッコ良くするのは、やはりセンスが必要で誰にでも出来る物ではない、

ボクはそう思っているんです。

 

写真 2014-12-16 14 16 04

会計士の香川晋平さん、香川さんも身体を鍛えているのでスーツがすごく似合います!

センスを磨く為にイタリアには行くし、既製服を沢山買います。

自分が買って着てどこをどう触ればカッコ良く見えるかを自ら体験するのが一番の近道だとボクは考えているからです。

と言う言い訳の元に服を買いまくっている訳ですが(笑)

なのでオーダースーツの魅力って、勿論身体に合うスーツと言う事もありますが、それよりもボクは無数の生地や裏地の中から自分の理想の姿を演出できる組みあわせを作り上げられる事が一番の魅力だと思っています。

それは決して既製服には出来ない事です。

経営者にとってスーツとはビジネスパートナーであり、自分のなりきりスイッチを押してくれる大切な仲間なんです。

勿論シルエットを美しく見せる為に最低限の補整は必要です、でもそこが一番ではない。

最低限の補整さえ出来れば、フルオーダーでもイージーオーダーでもパターンオーダーでも構いません。

フルオーダーだから良いとかパターンオーダーだからダメとか、そんな事も一切ありません。補整が必要ない完成度の高い既製服もあります。

まとめ

◆まずは自分の長所やどう在りたいのか?を出来るだけ言語化してみる

◆理想の自分にキャッチコピーをつけてみる

◆そのキャッチコピーに相応しいスタイリングを選ぶ

この順番で考えていけば間違うことはありません。

自分のキャラ,思い,外見に一貫性を持たせる事、これが何よりも大切です!

最初はなかなか難しいと思いますのでそんな方はいつでもご相談下さいね!

そんな方向けに1時間限定ではありますが有料(税抜き5000円)でスタイリング相談をさせて頂いています。

(イルサルトでお買い物をして頂いた事の有る方は無料でさせて頂きます!)

普段着ていらっしゃるスーツを持ってきてもらえたらそのスーツにどのようにコーディネートすればいいのかをアドバイスさせて頂いています。

(ハンカチ一枚でも何かお買い上げを頂けたら相談料は無料とさせて頂きます)

スタイリング相談をご希望の方はメール info@ilsarto.net  まで ”スタイリング相談したい!”と書いてメール下さいね!

いつでもご相談をお待ちしております!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive