トップへ
ブログロゴ

その日のスタイリング、まさかスーツから決めていませんか??

その日どんな格好をするかって何から決めますか?スーツから決める人、ネクタイから決める人色々いるかと思いますが、ボクはまずその日にどんな靴を履くかから決めていくんです。単純に靴がすごく好きなのもありますが、靴→ベルト→スーツ→シャツ→ネクタイの順番で決めていきます。

やはり足元がきちんと決まると、全体のコーディネートがまとまりやすいからなんです。

o0480064013012734719

だからまず靴を決める!

靴を決める上で大事なのがその日の天気予報。雨が降りそうな日であれば、革底や色の薄い物を避ける。大切な商談がある日なんかは黒い靴を履く。ジャケパンの時には紐がついていない物を選ぶ。そんな感じで決めていきます。

o0480060913012734730

そして次に決めるのがベルト。

茶色の靴を履いて黒のベルトをするとやはりバランスが悪く見える。なのでベルトと靴は色や素材感を出来るだけ合わせる。

o0480036013012734746

そして次にスーツやジャケットを決めます。

これは黒系の靴を履くか、茶系の靴を履くかで変わってきます。黒い靴の合うスーツ、茶色の靴が合うスーツそれぞれありますので、その日履く靴に応じてスーツを決める、そんな感じです。

o0480036013012734767

そして次にシャツ。

基本的にボクは白シャツが多いのですが、ジャケパンの時なんかはストライプや色のついたシャツを選ぶ事もあります。

o0480064013012734713

そして最後にネクタイ。

ボクがするのは無地柄、小紋柄、レジメンタル柄のどれかですがその日のスーツの色に合わせて決めていきます。

こんな感じで決めていくのですが、たまに通勤途中でその日のスタイリングが気に入らなくてすぐに着替えたくなるような時もあります(笑)

靴から決めたこと無いよ~なんて方、是非一度靴から決めてみて下さい!きっと新しい発見がありますよ!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive