トップへ
ブログロゴ

ほめる達人こと西村貴好さんは、ほめる達人ではなかった!

この人は只者ではないな。。。

そう思う方って私の周りには結構いらっしゃるのですが、その中のお1人がほめる達人こと西村貴好さんなんです。

1 (11)

西村さんとの出会いは6年前、”繁盛店のほめる仕組み”と言う書籍を出版された頃です。

たまたま私がその本を読み、書いていらっしゃる事にすごく共感して是非西村さんに会ってみたい!と思ってどこでセミナー等をされるかを調べ尼崎まで聞きに行かせて頂いたのが最初でした。

セミナー修了後名刺交換をさせて頂いたのですが、たまたま私も西村さんも大阪青年会議所の出身と言う共通点があった事で名前を覚えて下さり、暫くしてからセミナー用のスーツを作って欲しいと言うご依頼を頂き作らせてもらってからこの6年間ほどずっとお仕立てをさせて頂いています。

私がいつも唸ってしまうこと

西村さんとお話をさせて頂いていて感心する事は沢山あるのですが、私がいつも唸ってしまうのが、そのボキャブラリーの豊富さと独自の表現力。

ほめる達人とは、独自の切り口で価値を発見する人の事と西村さん自身がおっしゃっています。

西村さんとお話させて頂く時はまさにそんな感じで、同じ事を表現するのにこんな表現の仕方があったのか!!こう言ったら価値がもっと伝わるんだ!!とか、目から鱗の表現ばかりでメモ帳が手放せなくなるんです。

でもそのコトバの豊富さは一朝一夕で出来る物ではなく、西村さんの事務所に行くとずらりと書籍が並んでいたり,この人と決めたら何処でセミナーが開催されようと全てのセミナーに通い詰められたり、見えないところですごく努力をされているんです。一流の人は努力している姿を人には見せない、そんな事も西村さんから学ばせて戴きました。

感激する事がありました・・

先日も西村さんの事務所で少しお話をさせて頂く機会があり、2時間ほど色々なお話をさせて頂きました。

その中のお話で、私がとある方に ”装う事で生まれる自信を届けお客様を幸せにしたい!” と話した所、”幸せの定義は人それぞれ違うからそんな曖昧な表現を使わない方がいい!” と言われたと言うお話を西村さんにさせて頂いたんです。

その時は西村さんも”そうかも知れないねー”と言って笑われていてその話は終わりました。

2時間話させて頂いた中でせいぜい2.3分のお話で、話した私自身も話した事すら忘れていたんです。

すると3週間経った昨日、西村さんからこんなメールが来ました。

無題

メールを頂いた瞬間身震いしました。。。。

答え自体もさすがなのですが、あの2.3分の話をきちんと覚えて下さっていてきちんと自分なりのコトバで伝えて頂いたんです。

何よりもその真摯な姿勢にただただ感激をしてしまいました。。。

日本中のみならず今は世界の色々な所でほめ達!を広めるために奔走されている超多忙な西村さんが私の事を思ってこうしてメールを下さる。

ほめ達!が今すごい勢いで広がっているのは、時代がほめ達!を必要としている事も勿論ありますがほめ達!さんの本気さと真摯に1人1人に接される愛情の深さが原動力なんだと思います。

西村さんの本気さが伝わるから、門下生の人達も本気でほめ達!を広めようとする。

又これだけメディアに出られて有名になっておられるのに6年前から私に接する態度も全く変わっていない、これはなかなか出来る事なんかではありません。

ほめる達人西村貴好さんは、ほめる達人ではありますがそれだけではない、人の心に暖かい灯りを点し幸福を感じさせる達人です。

すごく大切な事に気付かせて頂いた西村さん、本当に有り難うございました!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive